カテゴリー「Porsche Diary」の記事

2011年2月 7日 (月)

Porsche:ダイレクトメールにて

R0011313

 主としてカプチーノに関する書籍ということでお付き合いが始まった(株)エンスーCARガイドさんからのダイレクトメールでその存在を知り、久しぶりにポルシェ関係の書籍を購入してしまいました。「100万円台のポルシェ・ボクスターと200万円台911って、買っても大丈夫ですか?」タイトル長っ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

Porsche:otoji氏と

 一昨日になりますが、ポルシェ仲間(でありライカ仲間)であるotoji氏が遊びに来てくれまして、あれこれしゃべっていきました。氏も忙しい人で、今年に入ってから1週間も新潟にいなかったとか。

 otoji氏のあれは1976年式でしたか、Carrera3.0は現在車検切れで放置プレイに入っておりまして、私も週に1回ほど氏の車庫前を通る機会があるのですが、秋にはフロントバンパーを覆うようにコスモスが咲き乱れ、それもまた枯れ尽くしてたねえ、みたいな(笑)。

 で、どうすんの?って話で、実は○○○○○に買い換えてくれるんじゃないかと期待してたんですが(笑)、まあ、あれは老後の楽しみに手放さないでおくということで。不良在庫していた純正エキゾースト一式、otoji号のために取っておくことにしました。

 そういえば、昨日新潟市の秋葉区あたりに出かけたら、シルバーの964ターボ(ルック?)が走ってましたねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月23日 (土)

Porsche:後日談

 今日、大変嬉しいことがあったんですよ…

 暮れに、私が乗っていたポルシェ911sc改RSR2.8ルックに買い手がつきまして、ドナドナされていったのですよ…

 そしたら、その現オーナーの方からご連絡を頂戴しまして…

 今もヒーターを配管しないまま(笑)、元気に走っていらっしゃるとのこと…

 大変安心しました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

Porsche:2458/1343日め:end of youth

Ems_oh2d

※本日も画像提供は、dees motor sport さんです。

 突然ですが、ポルシェを手放すことにしました。

 事務的な手続きが残っているので、このカテゴリーももう少し続くこととは思いますが。

 理由はさまざま思い浮かびもしますが、語ってみても仕方ない気もしますので、止めておきます。

 折に触れて書きかけていたインプレッション的なテキストも溜まってはいたのですが、みな、チャンスを逸してしまいました。

 今のところ、またいつの日か乗ってやろうという決意のようなものもありません。

 33歳にしてポルシェのオーナーとなり、以来、あしかけ7年に渡って2台乗り継いできて、それなりにいろいろな出来事がありましたが、トータルとしては楽しかったですね。

 ポルシェはどんな年式でもどんな仕様でも、走りにだけは妥協のない“本物”であり、新しくても郷愁があり、古くても現役である“タイムマシン”です。それもわかりましたし。

 それでよしとしましょう。

 青春の終わり。本当にそんな気分です。

Porsche911のオドメータ:109,644km〔納車後3,978km〕

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

Porsche:2453/1338日め:エンジンを降ろす

Ems_oh1h

※本日も画像提供は、dees motor sport さんです。

 エンジン単体もかっこいいのが空冷ポルシェですね(笑)。

 いえ、けっこう笑っている場合ではないような話でして。はい。復活、できるんでしょうか…。

Porsche911のオドメータ:109,644km〔納車後3,978km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

Porsche:2452/1337日め:入庫

Img_3572

※画像提供は、dees motor sport さんです。

 ざっと1年に渡る不動状態に終止符を打つべく、本腰を入れて修理を行うため、本日、ディーズモータースポーツさんに里帰りさせました。

 いや~、新しい工場のきれいなこと。ステキです。

…でも、精神的な敷居も高くなったかも(笑)。

Porsche911のオドメータ:109,644km〔納車後3,978km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

Porsche:2416/1321日め:993のシルエット

 連休の初日ではあるのですが、研修が入っていて新潟市内へ行ってきました。

 帰りの夕暮れどき、対向車線のヘッドライトを遠目に見て「なんだろう?」と思ったら、赤い993カレラでした。あのヘッドライトはああいうふうに見えるんですね。自分が乗っていたときにはわかりようがありませんでしたしね。他のかたの機体を拝見するのは昼間ばかりでしたし。

 あの表情は、現行997よりもステキかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月 3日 (火)

Porsche:2357/1262日め:ゴムの硬化

R0010878

 実は廃版になってからけっこう時間が経っているのですが、GT HAWKINSのドライビングシューズが好きで2足履いてきております。

 自家用車で通勤している都合上、毎日のように履くことになります。靴というのも消耗品ですから、ローテーションを組んで傷みを軽減するのと並行して、たまにデッドストックを探してみたりするのですが、だんだんモノが見あたらなくなってきましたね。

 それでもなんとかまた1足発見したので購入したのですが、ソールのゴムが硬化しているようで普通に歩くときのグリップが悪く感じられます。タイヤと一緒ですかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

Porsche:2348/1253日め:新刊

R0010872

 なんとなく止められずにいます…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

Porsche:2325/1230日め:生き方の問題

 最近、気がつくと生き方のようなことについて考えている。

 仕事帰りのアシ車の中で一日を振り返りながら、自分はなんて不器用な生き方しかできないのだろうと思っているうちに、ポルシェ911というクルマを選んだ理由がぼんやりとわかったような気がした。

 ポルシェ911に乗っている理由を問われれば、

「ちょっと古いスポーツカーであれば別にポルシェ911でなくてもいいけれど、その種のクルマの中ではポルシェ911が最も維持していくことが易しいから。」

そんなふうに答えてきた。それは事実でもあったし、今もその状況は変わっていないようにも思うけれど、どうやらそれだけではなかったらしい。

 古くさいのだ。

 ちょい乗りでは決して乗りにくいわけではないけれど、突き詰めていけば決してオールマイティではなく付き合う人間を選ぶ気むずかしい存在であり、物理的には間違っていないとしてもその正しさが発揮される条件はピンポイントであって、他のクルマとの比較における実際の問題として、どんな条件でも無難にこなす器用さは持ち合わせていないクルマ。

 乗ってみればタイムマシンのように数十年前のドライビングというものを思い起こさせる、そんなところに魅かれるのだろうと思う。

 そして、私の生き方はそんなポルシェ911に似ているような気がするし、だからこそ万人に支持されることがなくても、それでいいように思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧