« Books:WIEN MONOCROME 70'S | トップページ | Diary:ホームページビルダーVer.16 »

2011年12月29日 (木)

LeicaM8:317日め:12504

R1035526

 と、画像はM4だったりするわけですが…ヤフオクにて35mmレンズ用のフード12504を落札。外観はさておき、機能的には問題ないものがフィルター付きで\8800。良い買い物でした。

 ズミルックス35用としてもちろん1個持っているわけですが、UV/IRフィルターを入れておいて、M8で使うときにフード毎交換してしまうと良いような気がしまして。

 UV/IRフィルターってのも面倒に感じられてきました。M8を1台だけのときは持って出る交換レンズ全部に付けておけば良いわけですが、銀塩ボディと一緒ですとフィルターの付け替えが手間なんですよね。単純に“撮影できるリヤキャップ”というわけにいかず、やはり装着しているレンズだけになってしまうという…。

 そもそも“M型ライカでは撮影途中にレンズ交換をしてはいけない”というのは正解です。

 それはそうなのですが、銀塩とデジタルとで、例えば35mmの画角を実現するために、銀塩ボディに35mmレンズ、M8に28mmレンズを装着して出かけるわけですが、それを相互に入れかえたら、銀塩ボディで28mm、M8で50mm相当と、撮影の幅が広がるではないですか。それを否定したくもないのですね。

 銀塩ボディと共に使うデジタルボディとしてはGXRということでしょうかね。コンパクトでもありますし。感覚的にはM8の半分という感じがします。まだ“mountA12”を買おうという気にならないでいますが。

 いや、しかし。

 もしかしたら、両刀遣いという発想自体がナンセンスで、その日の撮影をデジタルにするか?銀塩にするか?という決定こそが肝心なのかもしれませんね。そこかな。きっと。

|

« Books:WIEN MONOCROME 70'S | トップページ | Diary:ホームページビルダーVer.16 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/53601609

この記事へのトラックバック一覧です: LeicaM8:317日め:12504:

« Books:WIEN MONOCROME 70'S | トップページ | Diary:ホームページビルダーVer.16 »