« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月に作成された記事

2011年10月30日 (日)

SIERRA DESIGNES 60/40 MOUNTAIN PARKA

 私の“シエラのマンパ”は、フライフィッシングの師匠のI氏から譲っていただいたもので、オーバー30年物ということになります。私には少々オーバーサイズの“L”でネイビーブルー。私の手元に来てからも早20年。足を運んだフィールドには殆ど付き合ってもらっています。

 その後、アーガイルクラブの“ザ・マッキントッシュ”など羽織るようになり…それもまた傷みを感じるようになってもきたのですが…、フライフィッシングから足が遠のいても、それでも毎シーズンのドライクリーニングは欠かさず今に至ります。

 今シーズンも、先日ふと思いついてクルマのトランクに放り込んでいたのですが、今日、出先で風が強く肌寒かったので、引っ張り出して羽織りました。

 わかっていたことですが、色褪せ、傷みが進んでいます。60/40クロスの横糸にあたる綿糸が痩せ、縦糸のナイロンだけが生き残っている、そんな感じで、生地の張りも失われてきています。いくらなんでも引退ということなのでしょう。

Dsc_0001

Dsc_0002

Dsc_0003

 そもそも、外側に金属ホックが出ている構造も、胸に提げるカメラの傷や見せてもらう貴重なクルマへの傷が気になるものですし、機能的に優れ、風合いも良いデザインであり生地のものがいくらでもありそうです。もう“シエラのマンパ”の時代ではないなあと思い、ユニクロのチラシをみて¥3990というマウンテンパーカが悪くないなあ…などとも思いつつ、しかし、どうにも捨てられない。私が筋金入りのアウトドアーズマンであった、その象徴のようなものなのでしょう。困りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

Leica:CAMERA LIFE Vol.11

Leica:CAMERA LIFE Vol.11
 今号もやっぱり無意識のうちにAmazonで予約していました…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

LeicaM8:254日め:UV/IR43mm

 M8には必需品のUV/IRフィルターも、

シリーズ7(ズミルックス35mmとスーパーアンギュロンF3.4)、
46mm(コシナツァイスの28mm)、
39mm(ズミクロン35mm)、
48mm(ズミクロン90mm)

と、結構揃ってきまして、このたびはズミルックス50mm用の43mmを入手してしまいました。ヤフオクの中古です。

R1035445

 しかし、この43mmのタイプはどうしてクローム仕上げのみなのでしょう?ズミルックス50mm以外に使用するレンズが思い当たらないのですが、最後期はブラックしかなかったような気がするのですが…

 それはそれとして、41mmの出物、ありませんかねえ。エルマー65mm用に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

Cappuccino:840日め:vs Beat

Dsc_0001

 休日出勤続きの3連休最終日。結構精神的に参っていた感じがあって、気分転換にと帰り道のコースを変え、フルオープンでタイトな山道へ踏み入れてみました。

 するとそこに待っていたのは、シルバーのホンダ・ビート。あちらもオープンであります。

 で、しばしランデブーと洒落込んだのですが、後ろから見ておりまして…なんというか、カプチーノの方がラインの自由度が大きいんでしょうかね…?

 10.7万キロ無交換でいい感じに抜けてきているショックでも、まだまだ自由に舞って攻めていける感じがしました。

Cappuccinoのオドメータ:107,795km[納車後25,631km]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

Cappuccino:838日め:SUZUKI CAPPUCCINO FAN BOOK

R0011551

 なんだかむちゃくちゃ忙しくて、開けてみる暇のない荷物がたくさんたまっています。これは昨日届いていたのかな?例に拠りまして、オンライン通販です。

Cappuccinoのオドメータ:107,639km[納車後25,475km]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Digital Photo:RICOH GXR

R0011550

 世の中の動きに乗っかって(笑)、GXRが気になっています。で、本も購入してしまいました。

 私にとっての比較の対象はM8ということになるわけで、M8のアドバンテージとしては、GXRのAPS-Cサイズ素子に対し、APS-Hサイズ素子を搭載し、35mm換算の焦点距離が、若干ワイド寄りになるという点なのですが、それも大して違わないような気分になってきまして…

 で、そんなことよりは、液晶ビューファインダーでスーパーアンギュロンが結ぶ像を見たい…いえ、それがズミルックス35mmでもよいのですが…という思いの方が強まってきたりしまして…

 で、GXRというカメラのシステムを眺めてみますと…

 (35mm換算で)28-300mmなんて高倍率ズームが廉価でラインナップされているところは、EOSKissDigitalNでレンズをとっかえひっかえして実現していたところを一本でカバーできたり…

 28mm単焦点がラインナップされていると、GRD2の代替となったり…

 50mmマクロもあっていいし…

 何よりもM8の代替になりうるということでもあって、デジタルカメラをGXRに一本化できるような気がしてきたのでした。全部売ったら確実におつりがきますねえ…

 ああ、VISOFLEXは使えるのかなあ?ウチのヴィゾ3改は、M8用のフレーム切ってもらってあるしなあ…。(<-決め手はそこだったりして…)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »