« Cappuccino:654日め:今年初めての給油 | トップページ | LeicaM8:68日め:桜 »

2011年4月19日 (火)

Leica:M5の稼働率が低いのはなぜでしょう?

…というか、私の中で、35mmレンズで撮影するメインの座をM8に譲ってしまい、銀塩はスーパーアンギュロンを使うためにある、という位置づけのようです。

 そうすると、どのみち露出計は使えないのでM4だろう、ということになってしまっているように思います。以前から、露出計の付いていないボディを有意義に使うためのエルマリート28mm1stであり、スーパーアンギュロンである、というような感覚もありましたものね。

 また、例えば休日に1台持ち出すとなると、銀塩ボディの方が楽しいのでM4、そこについてくるのがスーパーアンギュロン、というような構図もあるわけです。

 どの要素が優先ということも明確ではないのですが、やはりこれ1台、と絞りきれないのがライカなのかもしれません。

|

« Cappuccino:654日め:今年初めての給油 | トップページ | LeicaM8:68日め:桜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/51436671

この記事へのトラックバック一覧です: Leica:M5の稼働率が低いのはなぜでしょう?:

« Cappuccino:654日め:今年初めての給油 | トップページ | LeicaM8:68日め:桜 »