« LeicaM8:15日め:常用レンズを考える【其之弐】 | トップページ | LeicaM8:19日め:バッテリーの寿命 »

2011年3月 3日 (木)

LeicaM8:16日め:常用レンズを考える【其之参】

R0011353

 そんな目で雑誌の記事をあれこれ眺めているうちに、気づきました。これがありました。“Carl Zeiss Biogon T* 28mm F2.8 ZM”。1/3ステップの絞りというのも本気がみえて好ましいところですが、決め手は距離計は連動しないものの0.5mまで寄れるという近接性能。28mmF2.8というスペックのレンズはいくらでもある(誇張した表現です)わけですが、こればかりは他に存在しません(たぶん)。

 レンジファインダーライカ用の35mmレンズも数あれど、スタンダードなところでは0.7m、あるいはM3用ゴーグル付きの0.65mの距離計連動範囲を超えた近接設計のレンズは存在しないわけで、35mm相当の画角でそこまで寄るというのも、これまたM8にしかできない技ということになります。距離計が連動していないとしても、その場である程度のピントを確認できるわけですし。

 そこまで思い至ったら、買うしかありません。

 新品を降ろすつもりが毛頭ないのはいつものことですが、田舎暮らしでは自ずとネット上で探すことになりまして、ヤフーオークションやJ-CAMERAでの検索の結果、いくつか候補も挙がり、現物に触れるように手配したりと手間も掛けたのですが若干の難がある個体もあり、結局のところヤフーオークションで譲っていただいたものに落ち着きました。
 これでしばらく撮影に専念できます。

【本日迄のショット数:57】

|

« LeicaM8:15日め:常用レンズを考える【其之弐】 | トップページ | LeicaM8:19日め:バッテリーの寿命 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/51022837

この記事へのトラックバック一覧です: LeicaM8:16日め:常用レンズを考える【其之参】:

« LeicaM8:15日め:常用レンズを考える【其之弐】 | トップページ | LeicaM8:19日め:バッテリーの寿命 »