« Diary:地震 | トップページ | LeicaM8:37日め:出張のお供 »

2011年3月19日 (土)

Diary:避難所

 私の現在の住まいというのはR49に面しておりまして、道行く車両は“福島”あるいは“いわき”ナンバーが殆ど50%を占めるのではないかという状況です。多分、買い出しに来たと思われる車両が福島方向へ走っていくのも見受けられます。

 5kmほど新潟に寄ったところに、廃校になった小学校の校舎を利用した、避難所兼避難受付所が設けられておりまして、今日、ささやかではありますが、トイレットペーパー12ロールを提げて行ってきました。

 おそらく現状でここにいらしているみなさんというのは、不幸中の幸いと申しましょうか、生死の危機にさらされている、というところまで緊迫したムードではないのであろうと思いますが、スクリーニング機器も設置されておりまして、“現場”感を感じました。

 とりあえず、最寄りのホームセンターでは灯油が売り切れになっているようでもありましたが、ガソリンスタンドは営業時間の短縮と20Lの制限で営業しておりますし、ハイオクも入れられました。

 以上、情報としては既に古くなっているかと思いますので、若干不明瞭に書かせていただきました。今後の状況によってはもっと明瞭にしていくかもしれませんが、今のところはご容赦ください。

 なお、当ブログをご覧になっていらっしゃる方で、近くにいらっしゃるという方は一声お掛けください。民泊とはいきませんが、可能な範囲でご協力させていただきます。

|

« Diary:地震 | トップページ | LeicaM8:37日め:出張のお供 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/51162994

この記事へのトラックバック一覧です: Diary:避難所:

« Diary:地震 | トップページ | LeicaM8:37日め:出張のお供 »