« LeicaM8:6日め:実戦 | トップページ | Cappuccino:614日め:冬眠経過 »

2011年2月25日 (金)

LeicaM8:10日め:ISO感度の話

 デジタルカメラが実用的だと思うのは、暗いところでは感度を勝手に上げて対応してくれるということです。M8にもその機能が付いているので、積極的に使っています。

 M8の場合は、感度の設定が面白いですよね。160、320、640…。私の場合、フィルムだとISO400を基本にしているので、大変違和感があるのです。直感的にわからない。例えばISO320というのは、ちょっと暗いISO200なのか、ちょっと明るいISO400なのか…。どのように理解したら良いのかわかりません。高輝度側のデータを確保するために1/3アンダーのISO400のつもりで撮っておけと?

 素直に200、400、800にしてくれ…と思いつつ、しかしこれは、たとえ1/3段でしかなくとも高精細な画像を追求した結果なのだろう、と思いついてまたちょっと見直したのでした。でも、違和感はありますが(笑)。

 それはそれとして、ISO400の設定もできてほしいものです。

【本日迄のショット数:31】

|

« LeicaM8:6日め:実戦 | トップページ | Cappuccino:614日め:冬眠経過 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/50965505

この記事へのトラックバック一覧です: LeicaM8:10日め:ISO感度の話:

« LeicaM8:6日め:実戦 | トップページ | Cappuccino:614日め:冬眠経過 »