« Leica:Leicavit M / 14009 | トップページ | DigitalPhoto:GW-1 »

2011年1月14日 (金)

Leica:刻印の謎

 昨夜届いた、前面に“Leicavit MP”刻印のあるLeicavit M…なんだか面倒くさいですね…の、刻印の謎ですが、それが純正仕上げか否かはさておき、これは恐らく通常の14009の完成品に対して、後から刻印したものですね。

 というのは、他の刻印、例えば底面の“LEICA CAMERA MADE IN GERMANY”だとか、背面の“LEICAVIT M”だとか、そのあたりは刻印のエッジが立っていないのです。どういう手順を踏んでいるのか分かりませんが、もしかして先に刻印したパーツに対してブラックペイントを施しているのでしょうか?よくわかりませんが、ブラックペイントの縁が若干盛り上がって平面性を欠いているのに対し、“Leicavit MP”部分は明確にエッジがシャープなんですね。ペイント後に削っているように見えますし、線の幅も若干狭く、白ペイントの状態も違うように思います。

 私、ライカに対する知識というのがせいぜいM6あたりで止まっていて、以後の情報に詳しくなく、あれは“MP3”のオプションという扱いなのでしょうか“LHSA”モデルの“Leicavit MP”の刻印がどのような仕上げなのかなんてことは知るよしもないわけですが、どなたかご教示いただけないでしょうか?

 ま、とりあえず“Leicavit MP”の刻印は大事ですよね(笑)。

 逆に、他の刻印は不要な気がするので塗りつぶしてしまおうかと。それくらいやってしまえば手放す気にならないでしょう。そんな勇気ありませんが(火暴)。

 で、M4にはフィルム詰めっぱなしなので、まだ装着していません。明日も仕事だしなあ…。

|

« Leica:Leicavit M / 14009 | トップページ | DigitalPhoto:GW-1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/50586999

この記事へのトラックバック一覧です: Leica:刻印の謎:

« Leica:Leicavit M / 14009 | トップページ | DigitalPhoto:GW-1 »