« Leica:15年めのM5 | トップページ | Cappuccino:499日め:over95,000km »

2010年10月29日 (金)

Leica:デジタルらいかR-D1sの可能性

R0011220

 え~、確かに“カメラライフ”誌のVol.7が今日届いたのですが、その話ではなく…

 このところ、M5にズミルックス35、R-D1sにズミクロン8枚玉を付けて持ち歩いておりました。相互に付け替えると楽しいかなと思っていたのですが、結果としてはレンズ交換せずに…主として、8枚玉の楽しみというのをR-D1sで再確認している格好でした。

 で、思ったのですが、デジタルでライカのレンズを楽しむというのが、これが思いの外楽しくてですね、M5のフィルムを撮りきって抜いた後にまたフィルムを詰めようという気分にならず、なんと現在、フィルムを装填してあるボディが1台もないという…。

 M8やM8.2なんていわなくてもR-D1sというカメラに力があるというか…あれは等倍ファインダーが入っているということで、35mmレンズを付けて50mmのつもりで使え、というカメラなんですね。たぶんそれが正しいのです。

 デジタル化という観点では、これがM9だったりすると、スーパーアンギュロンやエルマリート28mm1stがフルサイズで使えてしまうという意味でも、銀塩ボディ使わなくなってしまうような気がするくらいなのです。

 いや、でも、どうかな。う~ん…。

※ジャンル分けが曖昧になってきましたが、気にしないことにします…(笑)

|

« Leica:15年めのM5 | トップページ | Cappuccino:499日め:over95,000km »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/49880736

この記事へのトラックバック一覧です: Leica:デジタルらいかR-D1sの可能性:

« Leica:15年めのM5 | トップページ | Cappuccino:499日め:over95,000km »