« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月に作成された記事

2010年10月29日 (金)

Leica:デジタルらいかR-D1sの可能性

R0011220

 え~、確かに“カメラライフ”誌のVol.7が今日届いたのですが、その話ではなく…

 このところ、M5にズミルックス35、R-D1sにズミクロン8枚玉を付けて持ち歩いておりました。相互に付け替えると楽しいかなと思っていたのですが、結果としてはレンズ交換せずに…主として、8枚玉の楽しみというのをR-D1sで再確認している格好でした。

 で、思ったのですが、デジタルでライカのレンズを楽しむというのが、これが思いの外楽しくてですね、M5のフィルムを撮りきって抜いた後にまたフィルムを詰めようという気分にならず、なんと現在、フィルムを装填してあるボディが1台もないという…。

 M8やM8.2なんていわなくてもR-D1sというカメラに力があるというか…あれは等倍ファインダーが入っているということで、35mmレンズを付けて50mmのつもりで使え、というカメラなんですね。たぶんそれが正しいのです。

 デジタル化という観点では、これがM9だったりすると、スーパーアンギュロンやエルマリート28mm1stがフルサイズで使えてしまうという意味でも、銀塩ボディ使わなくなってしまうような気がするくらいなのです。

 いや、でも、どうかな。う~ん…。

※ジャンル分けが曖昧になってきましたが、気にしないことにします…(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

Leica:15年めのM5

_eps1440

 大事なことを忘れていました。今年もまた10月10日がやってきました。1996年の10月10日。私が#1376556のM5と暮らし始めた日でした。あれから丸14年を過ごし、15年目を迎えました。

…という絵を、R-D1sのJPEG-HIGH、ズミクロン35mm8枚玉の開放F2の最近接で撮ってみたりして。もうちょっと寄れると便利なのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Leica:カメラは詩的な遊びなのだ。

R0011186

 本日発売(ですか?)の田中長徳氏の新刊です。

 目次読んだだけで“はい!”ってな感じです(言迷)。

 どうも、このブログのカテゴリーっていうのも曖昧になってきましたね…。この話題ってこれでいいのかしらん?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 8日 (金)

DigitalPhoto:R-D1sの設定

 さて、スペアのバッテリと2GBのSDカードが届いたところで、まじめに設定してみることにします。

 これは美点の1つなのですが、ISO感度については、銀塩カメラのフィルム感度様のダイヤルで設定できるので、とりあえず最低感度のISO200に設定しておいて、必要に応じてあげていくことにします。

 ホワイトバランスは…オートでいいだろうなあ。

 データについては…田中長徳氏の文章を読んでいると、RAWは撮らず、その場で勝負のJPEGということになっているのですが、とりあえずRAW+JPEGの設定にしておきます(笑)。多分、2GBで130ショットくらい撮れるのではないかと思います。

 というのは、EOSでもGRD2でもRAWデータを扱ったことがないので、ちょっと勉強してみようかと思いまして。以前から使っていた“フォトショップエレメント4.0”に、エプソンのプラグインをインストールしておきました。

 あとは、これは“s”から追加された機能だったかな?撮影後、画像をモニターに表示する…普通は当たり前ですが…“クイックビュー”をONにする、と。

 こんなもんで、本格的に稼働開始と行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 7日 (木)

DigitalPhoto:EPSON R-D1s

 で、ですね…

 M8をも含めて、ですね…

 ライカでデジタルへ行ってみようと思ったわけですよ…

 しかし、M8もまだまだ高いので…

 M型ライカからデジタルへ移行していく道筋をですね…

 ひととおり辿ってみようと思ったわけですよ…

 ということで、EPSON R-D1sです。

Rd1s

 ワタシ愛用の…

 スーパーアンギュロンとか…

 エルマリート28mmの1stなんかは…

 使用できないと明記してありますから…

 そのうえ焦点距離は1.5倍ですから…

 最広角はGR21mm装着時の32mm相当ということでして…

 若干の不満は残るのですが…

 28mm相当のGR Digital2もあるし、まあいいか、と…

 で、10月6日帰宅すると届いておりまして、早速いじり始めたのですが、これ、なかなかいい手触りですね。かたまり感というか、剛性感というか。

 ファインダーも悪くありません。倍率高いですね。え?等倍なんですか?(本当に知らなかったワタシって…)ズミクロン8枚玉を装着してみると、なるほどM3で使う50mm風というか、視野の大半を占めるフレームが違和感なく収まっています。35mm装着で全然違和感ありません。これは撮れそうな気がします。

 で、SDカードを差し込んでみたところが…んん?変です。エラーが出ます…。

 あ、と思いついて取説を繙くと、なんと2GBが上限です。GRD2に入っているのは…これは4GBでしたし、FAXに差してあるのも…これも4GBだ。うえ~。ウチの中に使えるSDカードないじゃん…。

 仕方ないので、スペアのバッテリと共に2GBのSDカードをオンラインでオーダーしてから、思いついたのがケータイに刺さっているマイクロSD1GB。アダプタかましてやっと撮影にこぎ着けたのでした。

 代わりに、ケータイに4GBのマイクロSD差してみたところが、こちらは認識します。

 ケータイ以下ですか…。

 いや、また、追々と…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 6日 (水)

Cappuccino:471日め:今日の代車

 オイル交換のため、エムズさんに預けたところ、代車がスズキ・ラパンでした。

Nec_0012

 いや、新鮮でしたね。なんというか、癒される室内空間とでもいいましょうか…。

 で、6ヶ月点検くらいのつもりで診てもらったカプチーノですが、カムカバーからのオイル染みが始まっていたり、下回りのグロメットの脱落…それに伴う室内への湿気の侵入…があったりと、それなりに問題点も発見され、手を打てるところは対応してもらったのでした。

Cappuccinoのオドメータ:93,816km[納車後11,652km]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 5日 (火)

Leica:スランプ

 もっぱら精神的なものなのでしょうが、どうも写真が撮れないでいます。

 写真が撮れないというか、フィルムが進まない、のでしょうか。

 全然進まないわけでもないのですが、撮らなくてはならないという切実な気持ちに欠けるとでもいうのでしょうか。

 こういうときには新しいカメラなりレンズを買って前に進んできたような気がするのですが、たった今はどうも食指が動きません。

 システムを縮小してきたところで、エイブラハムソン氏のラピッドワインダーもLeicavitMPも売却し、ボディに関してはM5、M4、M3、CLE(とF3/T、F3P)だけ…というか、まだそれだけありますし。買い足すにしても、ライカとニコンでは感触が変わらなくて気分転換にならないだろうしなあ。どっちにしてもフィルムのカメラを増やす時期ではないんだよなあ。

 デジタルなら?

 すぐ買い換えたくなるようなモノは買いたくないしなあ。残るものといっても、M9ではあまりに高すぎるので、値段のこなれたM8あたりいってみますか…ズミルックス35mmも私にはナローな50mm相当の画角だしなあ。あえてM8でエルマリート28mm1stやスーパーアンギュロンF3.4をマニュアル露出で使うなんてのも、どうかと思うしなあ。

 う~む。気持ちの問題でしかないとは思いますが、わかりません。

 どうにかしなければならない…という種類のことでもないので、なお厄介です…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 1日 (金)

Books:夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです

R0011149

 村上春樹のインタビュー集が出るというので、アマゾンで予約しておいたら今日届きました。これから読みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »