« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月に作成された記事

2010年9月29日 (水)

F5.6 Vol.3

R0011148

 あれ?っと思ったら、Vol.2をネタにしてなかったようですね。ちゃんと継続して購入しておりまして、Vol.3が出ています。

 デジタル。う~ん、デジタルかあ……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Leica:巨匠をまねて

R0011147

 私がM5にズミルックス35mmを付けて常用しているのは、それがたまたま手に入って、実際問題として使いやすく気に入っている、ということ以外に、どこかで北井一夫氏のまねをしている、という自覚はあったのですが…。

R0011145

 古本で購入してそのへんに投げてあった“こだわり「カメラ」のスナップ流儀Vol.2”(MYCOM MOOK)の表紙が視界に入って、ふと気づきました。

R0011146

 ブラックペイントのM4にエルマリート28mm1stといえば、高梨豊氏ではありませんか。なるほど、それで私もこの組み合わせが安定しているのか…(言迷)。

 いや、ずいぶん昔から“高梨氏がニューヨークで当時新製品の28mmを購入して帰国した”といったエピソードとしても、それを使用しているビジュアルとしても視界に入ってはいたものの、本当に全然意識したことがなかったのですが、今回、すごく腑に落ちた感じがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月20日 (月)

PDA:「超」整理手帳2011方眼

 来シーズン用の「超」整理手帳が発売されました。

R0011144

 新作のグリッドつき“方眼”にしてみました。これ、従来型と紙質が違うのですね?さて、どうなのでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月18日 (土)

Cars:歳をとったせいか…

 などということを書き散らす端から言葉をかえすのですが、どうも最近、普通のセダンに乗りたくなってきました。

 こういう気分というのはなんなのでしょう?ステーションワゴンを含めて2BOXではなく、クーペでもオープンでもなく、なんでもない4ドアセダン。

 ただ、とにかく今はどのような種類であったとしてもクルマを買う時期ではないようには思えて、どうこうしようという気は全くないのですが。

 気になっちゃうんですよね。通勤路のクルマ屋さんに“w124”(ちなみに“E320”と“300E4マチック”のようです)が2台並べてあったりすると。そのまた隣の“190E”というのも素敵です。

 そうでなければ、アルファなんかもいいですよね。本当は“155”の姿が好きなんですが、年式からして危ない気がするので“156”あたりで。オートマでかまいませんしね。

 それは“なんでもない”4ドアセダンじゃないだろっていうツッコミはなしで(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月17日 (金)

Cars:Audi TT

 どこかに書き散らしてきたような気もするのですが…

 私、アウディTTというクルマが結構好きです。その昔、993カレラを購入するときにも候補に挙げたくらいでして。

 その昔、ビートルという実用車からポルシェ356が派生し911に発展したように、現代においてはゴルフという実用車から派生したこのクルマこそが、現代のポルシェではないかとかなり真剣に思っているのです。

 福野礼一郎氏もその著書「世界自動車戦争論」の中で語ってらっしゃいますね。

“のんびり走っているとゴルフと変わらないが、真剣に飛ばすと本物のスポーツカー。”

 それって凄いことではないかなあ…。

 私、旧型のデザインの方が個性的に思えて、ずっと現行TTには関心がなかったのですが、近頃たまに見かけるとなかなか存在感があって好ましく感じられるようになりました。

 いや、買う気はまったくございません。ホントですって…。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年9月11日 (土)

PDA:iPhoneがほしい

 う~む。

R0011143

 iPhone用のアプリで露出計が数種類存在するようです。お!と思いましたが、カメラを利用するものなので、当然iPod touchでは使用できません。

 困った…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年9月 2日 (木)

Leica:植田正治写真展

 新潟市秋葉区の新津美術館で、植田正治の写真展をやってまして、覗いてきました。

 未公開作品もあるという触れ込みで期待していたのですが、残念ながら新たな作風を示すものではありませんで、植田正治は植田正治でした、という感じですか。

 氏のカメラということで、テンバのカメラバッグと共にニコンF3が展示してありました。#1205208。非常に若い番号の機体ですね。ちなみにアイピースが外れていました。装着のレンズはAi50mmF1.8Sの#2137879でした。氏の持ち物はどれもきれいなコンディションを保っていますよね。

 でも、よりによって、どうしてF3だったんでしょうね?

 愛用のモンブランというのも存在感がありましたね。ブルーブラックのインクで書かれた書簡なんかもよかったです。

 市民ギャラリーで“新潟美少女図鑑が捧げる植田正治へのオマージュ モノクロ・モード”という展示もあって、そちらの方が新鮮でした。

 9月5日に平間至氏がおいでのようですが、残念ながら仕事なんですねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »