« Books:季刊 考える人 2010年夏号 | トップページ | Leica:SBKOOのオーバーホール »

2010年8月 6日 (金)

Leica:Leicavit MPが使えるボディ

 夕べM2(とローライ35Bも)が首尾良く落札されまして、発送してきました。

 で、そもそも今回M2を入手するきっかけとなったLeicavit MPだけが残っています。こればかりは手放したらまず間違いなく二度と手にする機会はないだろうと思いまして、売りに出すのを躊躇しているわけです。

(ま、永いことやってますと“二度と手に入らない”というのは錯覚であるというのもよくわかるのですが、やっぱりM型ライカはボディの巻き上げレバー使うべきカメラなのですよ…という判断で、ラピッドワインダーも売りに出しています。)

 これが使えるボディといえばM2とM1とMDと相場は決まっているわけですが、M1だのMDだのというマニアックな方に走りたくはないわけで…いや、忘れていましたよ。M4-Mにも使えるじゃないですか!

 と思ってはみたのですが、M4-Mだとブラックペイントになってしまいますよね。クロームのライカビット付けて喜ぶってのもなんですしねえ。

 やっぱり売りに出そうかな。生活が楽になりそう(火暴)。

|

« Books:季刊 考える人 2010年夏号 | トップページ | Leica:SBKOOのオーバーホール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/49075249

この記事へのトラックバック一覧です: Leica:Leicavit MPが使えるボディ:

« Books:季刊 考える人 2010年夏号 | トップページ | Leica:SBKOOのオーバーホール »