« Leica:CAMERA LIFE Vol.6 | トップページ | Leica:1960年の20台 »

2010年7月28日 (水)

Traviq:1853日め:診断結果

 エンジンチェックランプ点灯の件です。

 一時的に点灯し、そのときは一旦エンジンを停止し、再スタートしても消えなかったのですが、時間をおいてみると点かなくなっています。

 若干心配なので、一応、7月27日終日エムズさんに預けることにしました。すぐに代車が出てくるところがありがたいですね。

 エムズさんも、こんな希少車のためにテスターを持っているはずもなく、結局スバルに持ち込んでもらうことになるわけですが、診断の結果として…

“ミスファイヤー”

ということでした。

 更に、予想される事態ではあったのですが、なぜミスファイヤーが起こったか、という点については不明ということで…様子をみましょうと…

Traviqのオドメータ:108,828km〔納車後95,506km〕

|

« Leica:CAMERA LIFE Vol.6 | トップページ | Leica:1960年の20台 »

コメント

コメントありがとうございました。

結局、今のところ何も支障なく走行できておりまして…みなさまの笑いの種には発展しておりません(笑)。

今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: りばらん | 2010年11月 2日 (火) 18時14分

こんにちは
トラヴィックの記事を検索して辿りつきました。
自分のトラヴィックですが、去年ダイレクトイグニッション交換しましたよ。

投稿: | 2010年10月31日 (日) 20時17分

そうなんですよね。ドキドキしてたんですが。

とりあえず、それ以上のログが残らないらしいんですね。点灯している状態でサービスに持ち込めということらしいです(笑)。

投稿: りばらん | 2010年7月29日 (木) 13時29分

センサー系の不良じゃなければ、結構お金かかるコースですよね。。。

投稿: crg_98 | 2010年7月29日 (木) 01時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/48997371

この記事へのトラックバック一覧です: Traviq:1853日め:診断結果:

« Leica:CAMERA LIFE Vol.6 | トップページ | Leica:1960年の20台 »