« Leica:otoji氏と | トップページ | MINOLTA CLE STYLE Vol.3 »

2010年3月16日 (火)

ニコンのボディをもう一台

 F3AFを売り飛ばしまして、またニコンFマウントのボディはF3/T1台だけになってしまいました。

 故障の心配も少ないし要らないといえば要らないのですが、そういう冷静な判断をしてしまうとつまらないので(笑)、もう1台、スペアボディというかサブボディの購入を仮想してみます。

 モータードライブが1台ですがありますし、フラッシュ…ニコンでいうところのスピードライト…がF3用のSB-16とSB-17と2機種ありますから、やはりF3シリーズでしょうかねえ。F3Pなんかも安くなってきて魅力的ではありますがね。使用感がさほど違わない(しかし決定的に違うのですが…)のをどう評価するかですよね。仕事カメラとしてはそれがいいともいえますし、趣味カメラとしては違った方がいいという気もしますし。

 電子制御のF3に対してメカニカルなボディという選択もありえますよね。とすると、FかF2か。何の変哲もない…ってこともありませんね。アイレベルファインダーのブラックがいいなあ。露出計は不要ということで。ボロボロに使い込まれているのがいいですね

 あるいは、若干コンパクトなFM2なんて選択肢もありました。チタンつながりでFM2/Tというのも選べますしね。いや、あの系統は視度補正レンズの縁にゴムが付かないんでしたね。メガネ傷つくからやめましょう(笑)。

 う~ん。とすると、1/2000シャッターの魅力でF2ですかね。モータードライブなんかは持たないことにして。ライカを使うときに望遠を任せるというような使い方が正しいですね。チタンボディの安い奴ないですかね…。

 いや、使用頻度が低いのに、嵩張って重くオーバークオリティなボディを持ち歩くのも如何なものか…F3のサブ機はやっぱりEMですかね。軽量コンパクトの極みですよね。

 ニコンマウントの呪縛から離れつつ、ニコンのレンズを使うという手もありますから…EOS RTとか?またなんか違う物を呼ぼうとしてますよね(笑)。

 そうでもなければF4とかF5とかより新しいフラッグシップ機が二束三文という話もあるのがニコンのいいところ。選びようはいくらでもあるんですね、というところで、あくまで仮想の話として終わりましょう。

|

« Leica:otoji氏と | トップページ | MINOLTA CLE STYLE Vol.3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/47827013

この記事へのトラックバック一覧です: ニコンのボディをもう一台:

« Leica:otoji氏と | トップページ | MINOLTA CLE STYLE Vol.3 »