« Leica:NOKTON 35mm F1.2 ASHPHERICAL | トップページ | Leica:honeyee.mag »

2010年3月 6日 (土)

Leica:北井一夫と田中長徳

R0011086  北井一夫氏といえば、永いことM5にズミルックス35ということになっておりました。まあ、比較的最近では、その木村伊兵衛賞の副賞であったM5にはエルマー35ということになっているようですが、私がM5にズミルックス35ということにしているのは…今年はそれがノクトンF1.2になっているわけですが…その北井一夫氏は、という刷り込みの結果であることを隠せません。

 先日、田中長徳氏の「チョートクのボクのカメラたち」のM5の項を読んでいると、なんと北井一夫氏のズミルックス35というのは、木村伊兵衛氏の遺品であったとのこと。なるほど、そういう背景があるのですねえ。いい話だあ。

 ちなみに、私のズミルックス35は、その木村伊兵衛氏の遺品と同じロットの品物であります。はい。どうでもいいことですが、ちょっといい気分です。

 で、今日は「チョートクのボクのレンズたち」という本を読んでおりましたところが、エルマー35の項に、

“10年ほど前に、写真家の北井一夫さんから電話で、何か良いレンズはないか、という質問をされた時に、私は、エルマー35ミリを勧めました。(中略)案の定、北井さんはこのレンズのファンとなりました。”

という記述があります。なるほど、そういうことだったんですね。いい話だあ(謎)。

|

« Leica:NOKTON 35mm F1.2 ASHPHERICAL | トップページ | Leica:honeyee.mag »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/47738281

この記事へのトラックバック一覧です: Leica:北井一夫と田中長徳:

« Leica:NOKTON 35mm F1.2 ASHPHERICAL | トップページ | Leica:honeyee.mag »