« Diary:ゲレンデにて | トップページ | Leica:ウィーンとライカの日々 »

2010年1月25日 (月)

Diary:続・ゲレンデにて~crg 98さんのコメントに応えて~

 世の中というのは複雑ですから、一概にはいえないんですよね。amazon.co.jpの利用が、最寄りの書店の閉店を招いたのかもしれませんしね。

 どうにも燃調が濃くて排気ガスがガソリン臭いキャブレター仕様のポルシェを手放して、小排気量で、どうかするとポルシェの4倍くらいの距離を走ってしまう軽自動車に換えたらクルマ趣味が許されるのかといえば、そういうものでもないのかもしれませんし。

 フライフィッシングだって自然破壊の一翼を担っているのかもしれませんしね。

 いろんな知人がいて、川と魚を愛するが故にそれを止めてしまったという人もいます。どんなに自然破壊になってもフィールドに立ち続けなければ変化がわからないという人もいます。今の私はやや消極的にお休みしている格好ですが、一応手の届くところに道具は用意してあります。関心は向けつつ、しかしフィールドには出ないでもいられます。

 そうですね。フライを通じて出会ったみなさんは真面目に考えすぎというか、行動が極端な気もしますが、やはり自分が好きなことを続けるためにどういうお金の使い方をするか、ということだと思うんですね。実はそれも傲慢な考えなのかもしれませんが、何か方向を定めないと行動が起こせないのでそのようにしています。

 もう四半世紀もそうしてるんですが、だからといって社会が変わったかといえば、大きなムーブメントが起こって、バランスが変わったわけでもないようですしね。ただ、25年前は、21世紀になってもフライフィッシングというスポーツが成立するとは思っていなかったので、そういう意味では捨てたもんじゃないな、とも思います。

 ま、私が、それは違うだろ…って思うのは、フライフィッシングと、スキーなりゴルフなりが両立してしまっている人ですね。それもまた、私の勝手なもの思いですけどね。

|

« Diary:ゲレンデにて | トップページ | Leica:ウィーンとライカの日々 »

コメント

温かいコメントありがとうございます。

どういう趣味でも突き詰めていけば経済の問題に出会うような気もしますし、何らかの形で環境問題にも出会うような気はしますが、私にとってはフライフィッシングとの出会いは大きかったですね。

投稿: りばらん | 2010年1月28日 (木) 23時01分

僕のコメントのためにブログを更新していただき恐縮ですsweat01

「自分が好きなことを続けるためにどういうお金の使い方をするか」
・・・ちゃんと考えないとですよね。

最後に書いてあった両立しちゃってる人は、自分の行動がどう影響してるかを考えずに、単純にスポーツを楽しんでいるだけなのかもしれませんね。

ですが自分の起こした行動が与える影響は考えるべきかなぁと思います。
そこに正解は無いのかもしれませんし、ひとりの行動なんて些細なことかもしれませんが、それらが積み重なると大きな問題になると思うんです。

だから、りばらんさん個人の想いも必ずどこかに影響して何かのかたちで帰ってくると僕は思いますよ!

投稿: crg_98 | 2010年1月25日 (月) 22時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/47385888

この記事へのトラックバック一覧です: Diary:続・ゲレンデにて~crg 98さんのコメントに応えて~:

« Diary:ゲレンデにて | トップページ | Leica:ウィーンとライカの日々 »