« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月に作成された記事

2009年12月30日 (水)

Leica:M2 #946395

R0011034

 はい。いってしまいました。狙いどおりのクロームのM2。セルフタイマーなしのボタンリワインドです。実用上はセルフタイマーがある方が指がかりになって持ちやすい気がしますし、レバーリワインドの方が誤操作が少ないような気がしますが、今回は雰囲気重視ですので(笑)。

 この個体はM2の販売が開始された1958年製造ということになりますね。ということは…M2は1957年から製造に入っているわけですが、2年目というか3年目というか、販売を開始した翌年の1959年にはレバーリワインドに切り替えたということなんですね。機能的によほど不評だったというべきか、メーカーの姿勢としてユーザーの声に忠実だったというべきか。

 あ、ウチのM3も1958年の製造でした。それは本当にたまたまですね。

R0011035

 このロット(946301-946400)はELC…ERNST LEITZ CANADA…の製造なんですね。“ビッグM”などと呼ばれますね。確かにシリアルナンバーの刻印がそれらしい感じです。カナダ製。私、初めてなのですが、モノとしてはどうなんでしょうか?価格としては安めに買えたように思います。

 刻印の文字が浅いというか細いような感じですね。確か、8枚玉ズミクロンのカナダ製の刻印も同じような雰囲気を持っていましたね。

R0011037_2

 ファインダーの明かり取り窓は“外ギザ”でした。いわゆる“内ギザ”で生産が始まったわけですが、この個体についてはどうなんでしょう、最初からこうだったのか、交換されているのか?知る術もありませんが、若干残念ではあります。雰囲気重視ですので(笑)。

R0011038

 ファインダーの遮光部はタル型ですね。M2というかM4の初期までは角形だったような気がします。友人某氏のM4は角形のファインダーが入っていましたし。これ、M4のファインダーに載せ替えられているんでしょうか?フレーム自体はすっきりとしたM2のものですがね。

R0011036

 今回M2を探し始めてから、初期にはフィルムカウンターのラチェットがワンウェイではなかったらしいということに初めて気づきまして、それは使いにくいだろうとか思っていたのですが、この個体はワンウェイでした。よかったです。実用品ですから(火暴)。

…そして、こんなに早く入手に至ると思っていなかったので、問題の“Leicavit MP”は関東カメラサービスさんで整備中だったりして(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月29日 (火)

NewFD85mmF1.2L #30913

R0011020

 京セラコンタックスも限定で同スペックを売っていたような気もしますが、85mmクラスでは最も明るいレンズでしたよね。EFマウントでも同スペックでありますけどね。ということはあまりありがたみもないのか。いやいや、この明るさは使いでもあるでしょう。

 実は、昔T90と共に使っていた“NewFD24mmF1.4L”の出物がないかな~と思っていたら、安く出ていたので間違って(笑)買ってしまったのですが、この勢いで安い“L”レンズいきますかね。白い奴とか…安くなりましたもんね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月28日 (月)

大いなる企て

 NewF-1購入に至る経緯なんですが…

 実は、関東カメラサービスさんが、F-1あるいはNewF-1を京セラコンタックスマウントに改造するサービスを受け付けているんですね。

 その情報自体は随分前からつかんではおりまして、料金が税込\42,000、別途、ボディと、京セラコンタックスが受注生産で売っていた、7.5mmの中間リングが必要という、トータルするとけっこうなお値段ではあるので無視していたのですが、最近になってなんだかそれも面白いなと思ってしまいまして。はい。

 で、とりあえず、件の中間リングを…京セラさんがカメラ事業から撤退して久しい2009年。新品なんか存在しません(たぶん)。もちろん中古で入手しまして、さてボディ。ベースとしてはなんとなくNewの方かな~なんて思ってしまいまして、どうせバラすのであればそんなに程度がいい必要もないし、外観は元々気にしないし…と思って、最安の部類のボディを入手してみたのですが、これが一応きちんと動作しているようでもったいなく感じ始めてしまったのですね。

 そして、関東カメラサービスさんに問い合わせてみたところ、

・改造後は自動絞りがききますが、露出計は連動しません。
・絞込み測光で使用可能で、開放測光ではお使いいただけません。

ということでした。

 自動絞りで使える。つまり開放でピント合わせができるというそれだけでも確かにスゴイのですが、開放で測光ができない?確かにレンズの開放F値の情報が伝わっていないわけですものね。それはそうですね。納得です。

…とするとですよ、AEファインダー付きのNewF-1を改造しても絞り優先AEは生きないわけですよね?それなら旧F-1でマニュアルで使っても同じですよね?

…っていうか、F3にヴィゾレンズでやっているようにピントを合わせて絞り込んで測光してレリーズするんですから、わざわざ改造なんかせずに非連動と割り切ってマウントアダプタで使った方が操作ミスが防げますよね?

…な~んて気づいてしまって、その計画は凍結ということにしたのでした。件の中間リング、2個も不良在庫しているとしても…(火暴)。

…っていうか、京セラコンタックスのレンズが優秀なのはわかりますが、あまり魅力的に感じられなかったりするかもしれませんし、純正ボディも面白そうなのがあるじゃないですか。AXとか。あれはモノとして面白い気がしますしね。

 それよりもFDマウントのレンズの方がお買い得なものがあるような気がしますもんね。だって、○○mmのF○.○Lが\12,000で買えるんですよ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cappuccino:189日め:ブッシュ類交換

R0011026

 12月25日(金)に出張に出た帰りにエムズさんに寄りまして、冬眠中のカプチーノを観察してきたのですが…なんだかカプチーノ専門店のような雰囲気でした(笑)。

 先に、デフ周辺のブッシュ交換を行っているということはお伝えしましたが、要はブッシュ類を総取っ替え…ドライブトレーンから、サスペンションから…しようという話でして、選べるところはスズキスポーツの強化品、なければノーマルの純正パーツに交換しているわけです。

 例えば、シフトレバー下のこんなパーツですが…

R0011021

 元々は左右のボルトが一直線に並んでいるのですが、シフトレバー側というかリンケージ側というかミッション側の重量で下がってきて、ズレてしまうのですね。

 何はともあれ、下回りにも腐りはないようでして…

R0011022

 ありがたいことです。やっぱり雪道にはさらせませんね。

R0011033

 これはカプチーノには載りませんわな(笑)。エムズさんはカプチーノ専門店ではありません(火暴)。

Cappuccinoのオドメータ:87,783km[納車後5,619km]…冬眠中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月25日 (金)

Cappuccino:186日め:小出しに行きます(謎)

R0011025

 とりあえずこういったところに手を入れてもらっています…って、LSDではないですよ(笑)。

 赤っぽいシーラーが見えておりまして、確かにデフケースを開けてもらったわけなんですがそれはデフケースに圧入されているブッシュ…画像上部に見えますね…それを交換するためでして。はい。

 そして、デフキャリアのブッシュ…上述の部分ではなくて…はこんなふうに劣化しています。

R0011027

 金属のベースにラバーが接着されている構造なのですが、外していじくるとポロッといくわけですね。問題ないように見えて、年式なりにしっかりと劣化が進んでいるわけです。

 ということで、まずはドライブトレーンのブッシュ関係の交換をしてもらっています。

Cappuccinoのオドメータ:87,783km[納車後5,619km]…冬眠中

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月23日 (水)

Canon New F-1 AE

R0011018

 …こういうハードウェアだったのですね。なるほどなあ。

 80年代、ニコンF3とシェアを2分していたキヤノンのフラッグシップ“New F-1”です。定価なんかF3より高かったのに、F3がそれなりに価格を維持しているのに対して、信じられないような価格で入手できる(こともある)ので、1台仕入れてみました。

 90年代の末になって“T90”を所有していたことがあったのですが、New F-1というのはもう、全く別のカメラですね。F3とも違いますね。見た目もゴツゴツした感じですし、操作感もヘビーデューティな感じです。

 レンズですか?この画像で特定できるあなたは通ですね(笑)。ま、それはまた別な機会に…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月18日 (金)

Cappuccino:179日め:冬のアシ

 全国的なものでしょうが、当地もなかなかけっこうな雪です。

 1台は青空駐車になっている都合上、毎朝Kei(5MT/FF)から雪を落として出勤なのですが、今朝は吹きだまりを乗り越えようとしてエンストしちゃったり、国道に出ようとして駆動輪が空転しちゃったりしました。除雪車の跡のガタガタの振動も、クルマに悪そうですし。

 日常生活の中で遭遇しうる範囲でも、ラッセルするような状況ではやっぱり4WDがいいですね。FFならステアリングでトラクションのかかるところを探れたりしますけどね。

 そんな状況では、クラッチにも負担をかけるのでATの方が気楽ですね。

 車高もあった方がいいですね。タイヤの口径も大きい方がいいですね。

 通勤の道々そんなことを考えてみるに、やはりFRでMTのカプチーノをアシにするのは難しかったかもしれません。ATで4WDとかっていうとECOに反して燃費悪化の一途ですけどね。MTでいいからやっぱりジムニーかな(爆)。

 で、全身雪まみれの旧型ミニに出会うに至って「あー、ミニはもっと辛いかも…」なんて思っちゃいました。なまじFFだからなんとかなるかな、なんて乗り出しちゃって、傷めて落ち込む可能性が高いですもんね(笑)。

Cappuccinoのオドメータ:87,783km[納車後5,619km]…冬眠中

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月16日 (水)

Cappuccino:177日め:冬眠

 実はですね、カプチーノは冬眠に入りました。

 新潟に暮らしていると避けては通れない冬。いろいろ考えたのですよ。

 至極真っ当なのは、スタッドレスタイヤを購入して冬も乗る。純正ホイールが4本余っている格好ですしね。しかし、凍結防止剤でボディ錆びるだろうしなー、なんて思うとかわいそうで。静岡生まれの静岡育ちで、錆も少なめに維持されてきた機体ですから。

 で、冬期間限定で別なアシ車を用意する、というような方向に向くわけですよ。

 実はですね、オンボロなジムニー5万円とかっていうのがないかなーとけっこう本気で考えていたのですね。それはそれで趣味性がありますしね。2ストのやつとか、オープンのやつとか出てきたらどうしよう(笑)と。しかし、昨今の不況のせいか、ちょうどよいジムニーにも出会えませんで。

 選択肢としてはスタッドレスタイヤの代金で買える(笑)軽自動車なんでしょうが、ジムニー以外はあえて狙う車種もありませんしね。ヴィヴィオのT-TopとかミゼットIIとかいってふざけてはいましたが、BEATだのアルトワークスだのって話になると訳わかんないですしね。

 で、例によりまして、オーナーのワタシよりワタシのカプチーノを大事にしてくれているエムズさんのご厚意に甘えまして、格好としては長期入庫の代車としてKeiをお借りしているわけです。

 まあ、単純な冬眠のわけもなく、まさに長期入庫といいますか、それなりに手間のかかる作業はしてもらっているので、随時レポートすることにはいたしますが、この先100日くらいになりますか、若干の寂しさはありますわね…。

Cappuccinoのオドメータ:87,783km[納車後5,619km]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月15日 (火)

Cappuccino:176日め:STRUT JAPAN DIRECT

 なにやらネット直販のみの販売となっている書籍に巡り会いました。

R0011014

 実は、狙いからちょっとはずれた“真実の「ヴィヴィオ・サファリラリー戦記」”あたりに感銘を受けて、ヴィヴィオRX-Rかなあ…とかわけわからんことを妄想しているワタシでした(笑)。

 それはともかく、購入はこちらから。お薦めです。

 え?カプチーノの距離が伸びてないって?よく気づきましたね…(言迷)。

Cappuccinoのオドメータ:87,783km[納車後5,619km]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月14日 (月)

Cappuccino:175日め:雪

 いや、びっくりしました。仕事が終わって外へ出てみると雪積もってるんですもの。道理で寒いと思った。

 あーよかった。昨日のうちに乗り換えておいて…(言迷)。

Cappuccinoのオドメータ:87,783km[納車後5,619km]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月13日 (日)

Cappuccino:174日め:ブーストコントロール

 ふと思い立って、ブーストコントローラーをいじくって遊んでみます。実はエムズさんで設定してもらったまんま、内容も知らないまま乗っていたんですね。ちなみに、ウチのカプチーノはエンジン本体もタービンも吸排気も、わたしの知る限り全部ノーマルです。

 で、コントローラーの設定ですが、ノーマル状態を0、最大限を100としたポイントで設定する形であるため、何ポイントだからいくつ、という定量的な表現ができないのですが、エムズさんで設定してくれた状態は“25”でした。

 とりあえず5ポイントくらいやってみるか、と“30”に設定してみたところ、3速全開で簡単に“ピピピッ”とブーストリミッターが作動してしまいまして…ブースト0.95でリミッターが作動するように設定してあったんですね。そこでやっと気づいてるわたしって…(笑)。

 じゃ、エムズさん設定の“25”では…と思って試してみたところ、同じ踏み具合で0.94で止まってくれます。あ、アナログメーターじゃそこまで読み取れません。コントローラーにピークホールド機能があることにやっと気づきましてね…(笑)。

 で、4パターン記録して切り替えることができるので、何ポイントか設定しておいて切り替えながら乗ってみます。試しに1ポイントだけ上げて“26”にしてみると、0.95に突入します。う~ん、見事に調整されていますね。

 まあ、0.95という数字が絶対的な意味を持っているわけではありませんが、なるほどいいところに設定するもんだなあ…なんて感心していたのが、実は1ヶ月前。

 ここのところは寒くなってきたためか、“25”のままでも3速全開をくれると“ピピピッ”とくるようになってしまいました。もうちょっとポイント下げた方がいいのかしらん?

 …というか、リミッターついてるならもっとポイント上げてもいいのかな?絶対的な排気量が小さいせいか、それなりにブーストの立ち上がりの良さが体感できるんですよ…。

Cappuccinoのオドメータ:87,783km[納車後5,619km]

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月12日 (土)

Traviq:1625日め:タイヤ交換

 とうとう週間予報に雪マークが出ましたので、スタッドレスに換装しました。

Traviqのオドメータ:98,782km〔納車後85,460km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月10日 (木)

Cappuccino:171日め:夜のドライブ・冬のドライブ

 忘年会というわけでもないのですが、ちょっと新潟駅前で飲み会に参加してきました。私、本当に全然飲まない人なので、どこへ行くにもクルマです。

 で、22:00台ですかね、ずいぶん永いことそんな時間に流したことのなかった新新バイパスをちらっとかすめてR49に入ってみると、この寒空にフルオープンで走るS2000が合流してきたりしまして、もう屋根開けてない時点で負けてるな~と思いながら(謎)道を譲ったりしつつ、帰ってきました。

 最近、きちんと暖機しているせいか、除湿のために…やっぱり湿気が侵入しやすい気がしますね…エアコン点けてるせいか、燃費が伸びないですね。それでも16km/lくらいなんですが…。

 さて、雪が遅い今年ですが、いつまで乗れるのでしょう?

Cappuccinoのオドメータ:87,705km[納車後5,541km]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 8日 (火)

Leica:KEH.COMリニューアル

 わたしの海外通販御用達、KEH.COMのサイトがリニューアルしておりまして、先日Leicavit購入の際に初めて利用してみたわけです。

 まずは…いくらか検索しやすくなったんでしょうかね。新規にウィッシュリストが設定できるようになったのはよかったのかも。

 う、$43くらいだった日本向けの送料が廃止になってる…というか、業者が替わってるんですね。FedexだったのがUPSになっている。結果として$10くらい高くついてるなあ。

 ん?梱包料も高くなってるのかな?前は$5くらいだったような気がするのに$10もとられてる…。

 今どきですからオンラインでパッケージの動きを検索できるのは当然として…前日の昼の成田以降はわからず、いきなり配達でした。しかも、通関手数料等、着払いでした。心の準備ができませんねえ(笑)。ちなみに日本国内はクロネコヤマトさんの担当ですね。

 日曜日にオーダーして、次の土曜日に配達で、まあ、1週間ということですか。前は5日くらいで着くこともあったのですがね。これは時差や休みのタイミングというものもあるでしょうから致し方ないとして、配達終了メールの着信が実際の配達の24時間後というのもどうかと思うなあ。いや、受け取ってはいるのですからどうでもいいのかもしれませんが。

 トータルとして、あんまりよくないですね。これ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

Goods:Mini Maglite

R0011013

 これまた20年以上使っていることになるミニマグライトです。特に用はなかったような感じですが(笑)防水用のOリングにラバープロテクタントを吹いて、ネジ山をグリスアップしてやりました。

 他に単4電池1本の“ソリテール”というのも、カプチーノのキーホルダーとして付けていますが、この手の商品としては、やっぱりこのメーカーのが一番信頼できる感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 6日 (日)

Leica:SMYOM/14008

 わたし、そういわれてもピンと来ませんよ。そんなコードネームでわかってしまうあなたは廃人ですね(笑)。3/8インチネジ山の仕様は14108らしいですが、これは1/4ネジ仕様の正しく14008。クローム仕上げ。要するに、Leicavit MPです。

R0011009

 現行モデルにも同じ名前のアクセサリーが用意されているのでややこしいのですが、M2、M1、MD、および“オリジナルの”MP用の迅速巻き上げ装置、ですね。厚みがある単なる底蓋という話もありますが。

R0011011

 エイブラハムソン氏のラピッドワインダーも一台所有しておりますが、こちらは現行のものと同様、M4-2以降のライカワインダー用のカップリングで駆動するタイプで、私の場合は、M3とM4のブラックペイントの方を改造してありまして、今のところはM4用のスプール押さえの“ハンドル”を装着しております(M3で使用する場合は外さなくてはならない)ので、M4で使ってい…ませんね。ここのところ、全然(火暴)。

R0011010_2

 ラピッドワインダーの方が厚みがあるんですね。しらなかったなあ。

 まあ、それはそうとLeicavit MPです。こちらはオリジナルのものなので、スプールと同軸のシャフトを有するボディでなければ使えないので、前述のボディにしか使えないわけで、現状では使えるボディがない、と。先日来、M2がどうしたとか書いていたのはそういう理由だったりします。はい。

 まあ、それだけのものでしかありませんので、一頃、ボロボロガッタガタのものにさえついていた\300,000とかいうプライスには呆れるばかりだったのですが、私でも購入できるプライスだったのと、昨今の円高の勢いに任せて入手してしまいました。

 ということで、次はクロームのM2でしょうね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »