« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月に作成された記事

2009年11月30日 (月)

Leica:M2がほしい

…と思う。

 後から入手したほうのM3は今年ヤフオクで手放していて、現状では、

・M5のブラック・3ラグ、
・M4のブラックペイント、
・M4のクローム、
・M3のクローム・シングルストローク

の4台のM型を所有している…同じマウントとして含めるならばミノルタCLEもだが…のは、すでに持ちすぎという気がして仕方がないが、ほしいものはほしいのだ。ストレスが物欲に化けているんだろう…。

 それぞれのボディに組み合わせるレンズがある程度固定化してきたという事情もある。エルマリート28の1stとか、スーパーアンギュロンとか、後玉が飛び出しているレンズは撮影を始めてからはもちろん、なるべくとっかえひっかえしたくない。とすると、ズミクロン8枚玉を付けておく専用ボディがあってもいいような気がする…。

 また、リバーサルフィルムを使うことを考えると、M5に加えて露出計内蔵のボディがもう1台あると都合はいいけれど、M6以降というのはどうも食指が動かない。強いていうなら、M6の“0.85”ならば…と思わないでもないが、それはそれでレアであるし…。

 21mmだの28mmだのを距離計なしで使おうと思えば、MDなりM1なりでもかまわないのかもしれないが、それもまたレアなわけで…。

 クロームでいいので、初期のM2のボタンリワインド、もちろんセルフタイマーも付いていない仕様がいいなあと思いつつ、例によってKEH.COMの“As-Is”のページを眺めていたら、こんなものを見つけた。

LEICA M2 PREVIEW SELF TIMER LEVER REWIND WITHOUT BASEPLATE INOPERATIVE, MISSING PARTS
BGN
$339.00

 オーバーホールを前提にすれば故障していてもかまわない。底蓋手放しちゃったところだけれど、それはいいことにしよう。そのほかはどのパーツが欠けているんだろう?スプールならラピッドローディングキットを組めばいいし。あれ、まさかバックドアとか?いずれにしても結局高く付くなあ…。

 ま、いいや。縁があればやってくることもあるでしょう。

…という戯言の中に、実は全く別な側面でM2をほしがっているという事実が見え隠れしていることに気づいたあなたは立派です(言迷)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

Nikon F3AF

R0011006  いや~、やってしまいました。F3AF。80年代のニコンのフラッグシップ機F3をベースにオートフォーカスシステムを無理矢理組み込んだミュータントですね。総生産9,200台とか。実際に使っている人、見たことないです(笑)。

 外観としては、巨大なファインダーが載せられて、この点では“エイリアン”のようなスタイルです。

R0011007

 1台残していたF3/T用として、モータードライブだのスピードライトだのといったF3用アクセサリーは持っているので、私にも素地はあった(謎)ということなのかもしれませんが…う~ん…これは…使えないわ(火暴)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

Diary:Maine Hunting Shoe

Nec_0020

 はい、これも20年モノです。履きっぱなしだった上にホコリをかぶっているのを発見して、メンテナンスしてやることにしました。やりがいありそうだなあ(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

Leica:メーター調整

R0010987

 M5のメーター、いじってしまいました。外から見えないところのネジを精密ドライバーでちょいちょいするだけなんですが。やり方については多くは語らないでおきますね。

 いや、どうも手持ちの露出計内蔵のカメラの露出レベルに納得いかなくてですね。屋外と、室内との2場面で計測しまくって、いじれるM5の調整を納得できるところまでやってしまったと。

 そんなこと始めたら、どいつもこいつも気ままな数値を示してるんですねえ(泣)。

 私、単体露出計が4台ある格好なんですよ。セコニックのL-398“スタジオデラックス”と、L-308Bと、L-318と、先日購入したゴッセンのデジシックスですね。こいつらもこいつらで結構気ままでして、入射光はまあ揃っていると言っていい状態なんです。差が1/3段以内でしょうかね。それを目安に露出を決定する、という意味では十分なんです。

 ところが、反射光を測ってみるとですね…銀一の18%標準反射板に向けて計測すると、セコニックは入射光で測った値とほぼ一致するんですが、デジシックスも室内ではいいものの、屋外では1段くらい明るく読んでることがあるんですね。これは露出計の傾向ということで、そういうつもりで使うことにしました…というか、入射光で使おう。

 F3/Tは…去年調整したばっかりだったんですがね、1段分ずれてましたよ。どうしてもらったんだったかなあ?もしかしてズレてなかったってこと?本間カメラサービスさんもズレてるっていってたしなあ。あれからまた1段分ズレたってこと?うー。。まあ、これは-1(フィルム感度ISO400のところ、設定を800に)してやればいいんですな。

 OM-1もやっかいで、ごく大雑把にいって室内では感度どおりでいいんですが、屋外の明るいところでは+1(フィルムのISO感度が400のところ、設定を200に)してやると、ピタリくるんですね。これはきっと、輝度の違いで別系統の回路があるんじゃないですかね?まあ、結果オーライなんですが。

 M5なんか殆ど部分測光みたいなものですし、F3は中央の重点度が高い平均測光で、OM-1は平均測光で…とか、M5は絞り込み測光の実測だけど、一眼レフは開放測光の理論値で動いているはずだしなあとか、実絞りの数値とか実シャッタースピードとの兼ね合いとか、それで適正な濃度のフィルムを作るわけだから、とか…ホントにいろんなこと考えてしまいましたよ。

 まあ、悩んだ結果、どこまで突き詰めていっても露出の決定なんてものは撮影者である私が決定することで、ただ、その参考にする基準として信頼のおける値をどうやって求めるか、という基本に久しぶりに立ちかえりましたね。

 さ、リバーサル詰めよっと(謎)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

Cars:ちょっと旧い輸入車生活

R0010986

 楽しいんですよねえ。こういうの。つい買ってしまいました。

 「なに買うの?」とか聞かないように…(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2009年11月 4日 (水)

Cappuccino:135日め:メモリーナビのアップデイト

 朝晩の冷え込みが厳しく、タイヤのグリップは低下するわ吸気効率が良くなってパワーアップするわ…(ホントか?)という今日この頃ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?当地は近くの山の上の方が白くなっております。

 さて、納車に合わせて購入したパナソニックのメモリーナビCN-MP200DLですが、半年を待たずしてニューモデルに切り替わってしまいましたね。あっという間ですね。しかし、とりあえずデータの無償アップデイトをしてくれるというので、内蔵のマイクロSDを送りまして、新しいものと交換してもらいました。4日くらい使用できなかったのかな。十分早い対応だったと思います。

R0010974

 すると、なにやら新しいメニューが表示されるようになったことに気づきました…が、いずれにしても使用していない機能なんですよね(笑)。

Cappuccinoのオドメータ:86,497km[納車後4,333km]

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »