« cappuccino:60日め:2ヶ月経過 | トップページ | cappuccino:65日め:ポルシェ的なもの »

2009年8月25日 (火)

cappuccino:64日め:if

 ざっと20年前のクルマということになるカプチーノですが、これを当時新車で購入して乗っていたとしたら、その後のクルマ趣味はどうなっていたでしょうね。そんなことを考えてしまいました。

 カプチーノのデビューのとき、新聞に全面広告がうたれたんですね。それが印象的だったんですよ。私の記憶の中では、学生時代から8年に渡って暮らしていたアパートの部屋でそれを見たというところまでつながっておりまして。

 当時の私はラリー好きな4WD信者で、中古のスバル・レオーネなんか乗っていたんですね。降雪地の新潟ですし、フライフィッシングの足としてもそれが実用的でもあったりしましたし。既にレガシィがデビューしていた頃なんですが、サファリラリーに持っていったグループA用のスペアパーツなんか探し出して付けてみたりして。そんなこといっても、走りなんか知れてるんですが。

 そういう意味では“オープン”の“FR”というのはピンと来なかったですね。全然選択肢にあがる可能性すらなかったわけですが、それでも広告そのものは印象的でした。

 そんな4WD信奉もレオーネを2台乗り継いでインプレッサの新車を下ろすところまでで、以後はポルシェ2台、オペル2台(というか内1台はトラヴィックですが)と2WD続き、4WDの必要性を全く感じなくなって、カプチーノに至る、と。

 では、1989年にカプチーノを新車で下ろしていたら。

 学生の頃なんか年間30,000km走ったこともありましたし…。新車から乗っていたら300,000kmに届こうかっていう勢いですからボディが保たないでしょうし…。いじくりまわしてもいたでしょうし…。1台を乗り続けてはいられなかったでしょうね。

 “FR”という方向でステップアップしていったかもしれませんよね。ユーノスだったり、86だったり、シルビアだったり、そういう方向性。

 また、私の中に“よりクラシックなもの”という指向性は今も昔も変わらずありますから、エランだったりジュリアだったりしたのかもしれません。それはないか(笑)。

 “もし”ということはありえないわけで、この2009年にカプチーノに乗っているという現状に不満はないわけですが、たまにそんなことを考えてみる、というお話でした。

cappuccinoのオドメータ:84,390km[納車後2,226km]

|

« cappuccino:60日め:2ヶ月経過 | トップページ | cappuccino:65日め:ポルシェ的なもの »

コメント

そうですよね。歳を取るといろんなことに寛容になってきまして…。

昔は、一生スバルの4WDに乗り続けるもんだと思ってました。盲目でしたよね(笑)。

投稿: りばらん | 2009年8月28日 (金) 15時42分

なるほど!

ただ、差し出がましいようですが今までがあるからこそ、今カプチーノが楽しいのかもしれません。
若い時って、「こうあるべき」だなんて思い込んだりしますから・・・(笑)

勝手なこと言いまして、お許し下さい(自爆)

投稿: えちごっぺ | 2009年8月27日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/46026486

この記事へのトラックバック一覧です: cappuccino:64日め:if:

« cappuccino:60日め:2ヶ月経過 | トップページ | cappuccino:65日め:ポルシェ的なもの »