« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月に作成された記事

2008年12月31日 (水)

Leica:ズミクロン35mm・8枚玉の研究

 私のフェイバリットなレンズの一本、ライカMマウントのズミクロン35mmの1stモデル、いわゆる“8枚玉”について、ここまであれこれ調べてきたことを整理しておこうと思います。

 「ライカのレンズ」(写真工業出版社刊・2007年2月28日改訂第2刷発行)の記事“詳細ライカレンズ別シリアルナンバーリスト”がベースになっていることをまず、お断りしておきます。

 上記のリストからこのレンズと思われるナンバーを拾い上げていくと、“Summicon 1:2/35mm”が最初に登場する163万台から、最終ロットと思われる231.4万台まで、24のロットが存在し、総生産数は38450本ということになります。

 さて、このデータを鵜呑みにしてよいものか?

 私がこれまで様々なメディアを通じて目にしてきた、あるいは自分が手にしてきた…3本でしかありませんが…このレンズの知りうる限りのデータをそこに当てはめていったわけです。そのサンプル数108本。エクセルで一覧表にしてあったりするわけです。

 するとまず気づいたのが、

lot. year
2nd 1959 1652001-1652200 200
3rd 1959 1652201-1652450 250

 この番号帯の450本のレンズに全く出会っていないこと。生産数も少なめなロットですし、連続するナンバーであるのに二つのロットに分けて書かれているというのも引っかかります。

 同様に、全く出会ったレンズがないのが、

6th 1959 1686001-1688000 2000
23th 1968 2307451-2307750 300

 以上の四つのロットは、私にとっての幻のロットということにしておきましょう。

 次に、リストのエラーというか何というか、外れた番号帯の個体の存在です。

 1件め。これは今年、2008年8月22日に、ウイーンのleica shopさんで売られていたことに気づいた個体です。

1735373 m2black canada

 この番号帯は、1735001-1737000として“elmarit 1:2.8/90mm”に当てられています。ただ、サンプル数が一つだけですし、本当のところは判断しかねるところです。

 2件め。“summicron 1:2/90mm”に当てられている174万台のサンプルデータを16本分持っています。例えばあなたがジム・ラガーの「ライカ、写真によるその歴史」(朝日ソノラマ刊)をお持ちであればp.345、346、478に、出版社の文庫「M型ライカヒストリーブック」をお持ちであればp.043に、それらのレンズが掲載されています。これはリストのエラーと断言してもよいレベルかと思われます。ちなみにこのロットの前のロットも“summicron 1:2/90mm”に当てられています。


 上記2件めのみ、確実なエラーとして生産数を修正してみると、プラス3000本で、41450本ということになります。

 それでひとまず落ち着いたかと思っていた今日、とんでもないこと(私にとっては、ですね)に気づいてしまったのです。

 そんな話を整理していたら気になって、ウイーンのleica shopさんのサイトを見ていたら、いわゆる“ツノ付き”の“6枚玉”で“2307698”という個体を発見してしまったのです。

…ということは、前述の23番目のロットの300本。これは“8枚玉”ではなく、そっくり“6枚玉”なのではないか?

 8枚玉の最終ロットよりも若い番号帯に6枚玉を割り当てていたんですね…などと、1969年のできごとに想いを馳せてみるのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

クリスマス・イブ

 まだ、職場にいる。

 こういう日なのでさすがに誰もいなくなったところで、ひとり、たまっていく一方の仕事にとりくんでいる。

 こういう生活の果てに、何が待っているんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

マップカメラのパッケージ

R0010852

 久しぶりに注文したら、こんな小包が届きました。おしゃれだ…。

 え?何を買ったのかって?ひ・み・つ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

M5と暮らす

R0010848

 玄関のすりガラス越しに赤いものが見えて、なんだろうと思いながら開けてみると、これでした。

 午後の日差しがやわらかく差したところで、M5を取り出して、ぱちり。

 ズミルックス35mmがついていたので、そのまま数ショット押さえておいて、これは50mmだったなあと、やはりズミルックス50mmに付け替えてまた、数ショット。

 ふと、こんなことをM5と10年以上続けてきたんだなあなんて思ってみたりして。

(…というような状況を、GRデジタル2でぱちり。もう少しナローな画角でもいいなあ。)

 なんだかよくわかりませんが、ごくごく私的な写真生活の道具としては、M5にズミルックス35mmと50mm、ズミクロン90mmくらいがあれば十分なのではないか、と思ってしまったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GR DIGITL Complete guide

 学研からそんな本が出ていたので、買ってみました。

 既刊の3冊のムックの合本に、GRデジタルに装着するシルバーリングを付録に付けて8,000部限定という、なんというか…イージーな作りではあるのですが、1冊も手に取ったことすらなかったので。

 この合本の表紙にも使われているのですが、2008年10月21日刊の“GR DIGITAL II Perfect guide”の部分に作家角田光代の寄稿があって、なんかそれだけでもよかったかな、と。

 いや、他の記事もいいと思います。はい。売り方としてはよくないな、と。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

痩せたので

R0010847

 手首が痩せてしまったのか、ロレックス・GMTマスターが踊るようになってしまったので、ブレスを、穴一つ分、詰めてみました。快調です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

画像サイズのテストです(笑)

R0010833_2

 ネタは何でもよかったのですが…

 土曜日ではあったのですが朱鷺メッセで仕事でして、GRデジタル2を片手に早朝の港をちょっと歩いてきました、というつまらない画像です。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

GR Digital IIのケース

R0010831_2  本当はあまり好きではないのですが、仕事のときに身につけていることが大事かな、と思いまして、ベルトに提げるケースを検討していました。

 オフの日には、銀塩写真というか、ライカだろうな、という気がしますし、オフの日はたいがいリーバイスの501で過ごしていて、ベルトをしない生活でして…。

 また、いわゆる“ボディスーツ”のたぐいもたくさん出回ってはいますが、あの手のものにはどうも食指が動きません。他のカメラの場合でも、直接触っていたいという気がしますので。

 で、該当するものを検討してみると、純正ケースとして、本体のみ…というのも変ですが、外付けファインダーGV-2装着状態で収納できるタイプもあるので…収納するタイプがあるのですが…ちょっと趣味性に欠けるのかな、と思わないのでもない。

 少し外して、ARTISAN&ARTISTのバッグにつけるオプションの“ACAM-81”ですとか、あるいはHEAD PORTERの専用ケースですとか、そのへんも考えてはみました。ところが、こういった社外のタイプ、ベルクロ留めのフラップなんですよね。開けるときに“バリッ”っていう、あれ。

 ショルダーバッグも同様なのですが、あのベルクロ留めというのはどうも、静粛性を求められるときに支障があるんですよね。ファスナーの方がまだいいってことも多くて、私なんか、舞台の撮影(あまりないんですが…)のときには、ファスナーのタイプ、あるいは、ドンケ社のフックで留めるタイプのバッグを持っていったりしますからね。

 というわけで、結局は純正ケースにしてみました。これ、マグネット留めのフラップになっているんです。実はかなり考えられているんじゃないでしょうか?

 趣味性?ま、いいんですよ。実用品なんだから(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

GR Digital II

 デジタルカメラとしては、確かにEOSKissデジタルNは所有しているのですが、たまにエルマー65mmなんかつけて使う程度で、日常的にはケータイ…ドコモのN904i…で撮った画像でお送りしているこのブログ。ちょっと画像のクオリティを上げてみようかということで、日常的に携帯するカメラという意味合いも含めて、中古のリコー・GRデジタル2を購入しました。

 早速昨日から持ち歩いているのですが、これ、確かにいいですね。

 実は“2”ではなく、ちょっといじったことがある初代の方でもいいかな…と思っていたのです。デジタルカメラの画像から大きく引き伸ばそうとは思っておりませんで、やはりネット用でしょう?たとえばこのブログは1ショット1M以内という容量の制限もあったりするわけで、いちいちデータをいじくるよりも、素のままで小容量の(?)、ちょっと前のモデルが面倒がなかったりするわけで。

 しかし、しかし。“2”だと、アスペクト比1:1の、要は“ましかく写真”モードがあったりもして、これこそデータをいじくるよりもいいかな…と思いまして、こちらにしてみました。

R0010820

 で、早速、なぜか新潟市体育館のステージ裏なんかの“ましかく写真”をアップしてみたりするわけですが、いや、それを抜きにしても、電子式の水準器も実用的ですし、カスタマイズも本当に写真を撮る人向けの機能が満載で、なによりも…小容量化してしまったこの画像ではたぶんわかりませんが…なるほど、写りもいいです。難しいことを考えずに、よく写っていると思えます。説得力があります。このカメラを評価する人がたくさんいるというのもわかりましたね。

 実は、やっぱり光学ファインダーは必要だろ!と思って、外付けのファインダーGV-2も(中古で)入手していたのですが、それこそ水準器を初めとしたディスプレイを見なければならず、ファインダーは要らない感じです。ま、ライカにつけてもいいので無駄にはなりませんがね(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

マイスターシュトゥックの書き味

R0010821

 さて、突如として積極的に使うようになったモンブラン・マイスターシュトゥックのボールペン。

 大学~大学院時代の指導教官がそれなりに物書きをする人物で、モンブラン・マイスターシュトゥックの万年筆の、極太のブルーブラックの癖のある文字で原稿用紙に向かう姿が印象的だったもので、私の中では万年筆遣いの典型として記憶されています。

 そのブルーブラックよりは明らかに青い色調のインクではあるのですが、自分が書いたブルーの文字を眺めているうちに師の文字に通じる何かがみえてきて、これはいわゆるボールペンの書き味ではなく、万年筆の書き味だとか書かれた文面を再現(というか実現)しようとしているのではないか?紙を選ぶ感じがあるのもそれに起因するのではないか?そんな気がしてきました。

 たぶん、ヨーロッパ流の階級社会においては、よい筆記用具を使う人は当然のこととしてよい紙を使っている、そんな前提に立っているのではないか。

(いえ、あちこちに書き散らしているうちにどんどん馴染んできて、それほど紙を限定するわけでもないのかな、という気もしてきましたが。)

 たぶん、自動車だのカメラだのといった趣味の世界に身をおくうちに、少なからず直面するそれ…ヨーロッパ流の階級社会の表れ…と同じことにここでも出会った、そんなことを思い浮かべたのでした。今のところ万年筆趣味にはいかないでおりまして、その手の書籍にも全く手を付けたことがないのですが、おそらくあれこれ読んでいくとそれらしき記述に出会うのではないか、などと思っています。きっと、突き詰めていくと同じ何かに突き当たって、それを“文化”などと呼ぶことになるのでしょう。

 で、取り立ててモンブランが好きというわけでもないし、万年筆趣味にはいかないけれど、ボールペンとお揃いの、マイスターシュトゥックのメカニカル・ペンシルは持っていたりして(笑)。ん?廉価路線の万年筆は1本あった(けれど壊した…)ような気がするし、ローラーボールもメカニカル・ペンシルも持ってたはずだなあ(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

MIN. & MAX.

 細かい文房具が欲しくなって…必要に迫られて、というよりは、単純に欲しくて、ですね…まとめて注文してみました。このところ多忙を極めていて、どこかに買いに出るというのも難しくて、ネット通販ですね。

 まずは、持ち歩くようになったRHODIAの#11のレザーカバーに合わせて、ぺんてるの手帳用ペンとそのリフィル。大概は4色ボールペンも持ち歩いているはずで、滅多に用はないのですが、ミニマムなシステムとしてそこに書くものがあるというのは安心かな、と。ただ、これはやはり軸が細く、使いやすいとはいえません。エマージェンシー用ですね。リフィルを交換するのはいつの日か…。

 対照的に軸が太いのがモンブランのマイスターシュテュックのボールペン。実はもう20年近く所有しているのですが、この10年くらいは触ってもおりませんで、太字のブルーインクのリフィルを新調しまして、また使ってみることにしました。これは紙質も選ぶんですかね?RHODIAの紙だと非常に快適に書けるんですが、安い再生紙なんかだと、三菱ユニボールシグノの太字にかなわないかな…。

 そして先日紹介した“EXAFOLIO”、これは純正のレポートパッドとして15枚ばかり横罫のものが付属するのですが、これのリフィルとしてRHODIAの#19も仕入れました。レポートパッドといえば、学生時代なんかは日本ローカルなB5サイズに馴染んでしまっていたりもしたわけですが、#19というのは切り離した紙がA4サイズになるものですね。綴じ代分、長辺方向に大きい。ちなみに、綴じ代も含めた全体のサイズがA4なのが#18なのですが“EXAFOLIO”には#19がジャストフィットです。A4めいっぱい使ってじゃんじゃん書いてスキャンして保存する、と。そんな使い方をしてみるわけです。

 …と揃えてみたところで、仕事が“楽”になるというほどではないにせよ、“楽しく”なるといいんですがね。ふー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »