« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月に作成された記事

2008年11月29日 (土)

Leica:ズマール&ズミクロン35・8枚玉の印象

Summar

 M4で撮ったカラーネガがDPEからあがってきまして…

 ¥8,000だったかで入手して、珍しく、関東カメラサービスさん…山崎光学写真レンズ研究所さんではなく…でオーバーホールを行い、光学系は綺麗になったズマールでしたが、どうも印象がよくありません。

 客観的な話をするとですね…

 開放付近では周辺光量が落ちますね。F3.2あたりでもその傾向は残っていますね。F4.5くらいになるとまずまずといえます。これは使いようということですが。

 また、開放付近では周辺部で同心円方向の流れが認められますね。これも使いようかもしれませんし、F4.5あたりでは気にならなくなり、解像度もフレームの端まで文句ないレベルになります。(->作例画像)

 そんな意味で、普通の描写を期待するならば、F4.5あたりまで絞って使え、というようなことになりそうです。

 で、実写の結果を眺めてみたのですが、どうもいまひとつで、粒子がざらついているんですね。発色もよくない。晴天の日ざしなのに、曇り空の下で撮ったかのような地味な絵でして、あれっ?と思ってネガを見直すと揃ってアンダーなんです。

 ズミクロン35の8枚玉と交換しながら撮ったロールでしたし、単体露出計で計測しながらですから、ボディ(つまりシャッタースピード)の狂いとかではなさそうですし、もしかして、開放はさておき、以降の絞りは表示の値よりも実際には暗いということでしょうか?

 まあ、モノクロも含めて、もう少しテストの意味を込めた撮影を続けて様子を見ますが、どうも印象がよくありません。モノが悪いというのではなく、ズマールの“おいしいところ”と私の使い方とが合わない、というようなことでしょうが。

 逆に、文句がないというか、期待以上というか、これだ!というか、超絶の写りをみせてくれたのが、同じロールのズミクロン35の8枚玉でしたね。発色も、抜けも、シャープネスも、ボケも、私はこれ以上のものを要求しません。開放近いと、ズミルックス35的な傾向のハイライトのハロも見えるのですが、ズミルックスほどではないこの程度で私には十分な遊び心かな。ズミルックスよりも明らかに硬派のシャープネスも、私には好ましいです。

 悪い意味の“神話”だのなんだの、酷評されることもあるこのレンズですが、私が所有している個体で撮影した結果の事実を見る限り、きちんと写っていてほしいショットがきちんと写っているのです。どうでもいい“捨てショット”や“遊びショット”なんかどうでもいいんですよね。そのときそれを残したかったという、そのショットがきちんと撮れていれば。その期待に見事に応えてくれるんです。

 それも、“おいしいところ”が私の使い方に合っているというだけのことかもしれませんが、ズミクロン35の8枚玉。私にとっては間違いなく、何をどう考えても、いいレンズです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月24日 (月)

Leica:カメラ・ヒラノのDRメガネケース

 何となく手元に居座り続けているDRズミクロンのメガネのためにケースを準備することにしまして、当初は以前も使っていた純正のケースを探していたのですが、手頃なものに出会えないでおりまして、その筋では有名なカメラ・ヒラノのDRメガネケースをあつらえることにしました。注文生産なんですね。

 で、できあがってきたのですが、純正ケースよりも大ぶりですね。中でカタカタ動く感じといいますか。造りそのものはいいのですがね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月21日 (金)

Porsche:2255/1160日め:ロッカーアームが

 オーバーレブしちゃったときのおきまりのパターンで、ロッカーアームがばらんばらんという状態でとうとう雪のシーズンを迎えてしまったウチのRSR号です。

 来年は走れるといいなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月20日 (木)

exafolio

 フランスのexacompta社の、これはなんていうんでしょう?ファイルとノートパッドホルダーが一緒になったような製品なんですが、職場内での移動に便利かなと思って買ってみました。

 発見するだけはしばらく前に発見していたのですが、いいかも、と思ったときには軒並み品切れになっておりまして、入手するのにちょっとだけ手間がかかりました。

 これまでは、デルフォニックスの二つ折りのクリップボードを使っておりまして、二つ折りだと中身が見えなかったりしますし、はみ出すようなサイズの紙類もとりあえずはさんで持ち歩けたり、細かい伝票類もさほど気を遣わず確実に運べたりして、スタイルができあがっていたのです。

 で、もうちょっと積極的に、“書く”というところを進化させて、A4版ノートバッドが入っているものにしてみたのですが…どんなもんでしょうねえ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月19日 (水)

Traviq:1237日め:雪

 思いがけず雪になってしまい、職場からの帰り道、ノーマルタイヤで10kmも走ってしまいました。

 非常事態なのでいたしかたないわけで、狙ってそれをやるべきではありませんが、思いがけずまともに走った感じがします。たぶん、こういう状況でクルマの基本が露わになってしまうものなのでしょうが、きちんとトラクションがかかっている感じです。やっぱりいいクルマなんだな…。

 たまたまスタッドレスタイヤを買い換えようと、いつものEMSさんにホイールごと預けてしまったので、どうしようかとドキドキしていたら、21:00過ぎになって届けてくれました。さすが、わかっていらっしゃる。おもむろにガレージ内で交換を始めたんですが、終わったら22:30でした…。

 で、タイヤですが、いや、軒並み値上げしていてびっくりしましたね。来年の乗りだしは夏タイヤも新調しなくちゃならない気がしているんですが、どうしましょう…。そうそう、今回のスタッドレスはEMSさんに薦められるまま、織田裕二がCMしている奴にしてみたのでした(笑)。

トラヴィックのオドメータ:86,442km〔納車後73,120km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月17日 (月)

Leica:ライカ通信から

 枻出版社から出ていた“ライカ通信”というムック本。この本が出るころにはライカについての情報も私にとっては飽和状態というか食傷気味だったので、3冊ほど気になる号だけ買って止めていました。

 それも14号まで出て休刊となったらしいのですが、最近になって気になり始め、別冊も含めて全部揃えてしまいました。人気が衰えないのか古本としては高めでしたが…。

 そうしましたら、No.12の記事に、報道写真家の柏木龍馬氏の“ライカ達人への道”というのがありまして、要するに手探りでピントを合わせてしまう鍛錬のすすめで、それは私も意識して修行に励んだ時期があったのでよくわかるといいますか、新鮮な感じはしなかったのですが、こんな記述を見つけて“負けた…”と思いました。

 わたしはどこへでもライカと主力レンズ群を持って歩く。ライカの重量を常に身体で感じ、撮影時と平時での違和感をなくすために。

 うわ。そこまで考えたことはなかったな。確かに、ふだん1台だけバッグにつっこんで歩くときと、それなりに撮影中心に歩こうとして2台とかもって歩くときと、フットワークが違いますもんね。いや、やはり本当に使っているヒトは違うものです。はい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月14日 (金)

ぺんてるの4色ボールペン

 あまりこだわりはないのですが、とにかく4色ボールペンがないと始まらないのが私のスタイルです。

 黒赤はともかく、ホントに4色必要なの?ってよくいわれるのですが、けっこう平均的に使うんですよ。青なんか、私の職場では使っている人が少ないので、私の筆であるというサインになりますし、緑なんか遠目に見えにくいのがいいというような用途もあったりしますから(謎)。

 品物についてもそれほど強いこだわりはないのですが、気まぐれにいろいろなものに手を出すと替え芯で困ったりするので、今のところはぺんてるのローリーC4というタイプに決めています。たった今は、3本かな。あちこちに隠し持っていますね。

 画像のものは…そろそろ1年くらいになるんでしたか。黒のスライドロックが少々甘くなってきているものの、特に支障がないので使い続けているのですが、少なくとも3月の京都出張に持っていって、スーツの内ポケットに挿していたら何かの拍子にクリップを折ってしまい、そのまえに使っていて別なところを破損して部品取りにとっておいたピンクのものを付けているわけです。いろんな意味に物持ちがいいでしょう?(笑)

 ネックストラップに提げられるように、ケータイと共用のコネクタをつけています。常にコネクトしているわけではないのですが、そんなことも無くさずに使い続けている理由ということになるのかもしれません。

 しかし、4色ボールペンもゲルインクのしっとりとした書き味のもの、でないもんかねえ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月12日 (水)

Diary:秋の日に

 秋の日の昼下がり。

 これでも“主任”という肩書きで専用の部屋…体のいい物置のようなスペースなのだけれど…も与えられているもので、会議用のマル秘資料を綴じるためにそこに籠もってみた。

 静かにしていると誰もそこで作業をしているとは気づかれない。

 そんな立場であれば頭を使うことに集中するべきで、事務作業など誰かに任せればいいとわかってはいるのだけれど、なんとなく自分で片付けてしまうことが多い。

 一人になりたいというだけのことかもしれない。

 LAN回線も来ていない部屋なのでコンピュータも半ば無意味なのだけれど、それでもエクセルに入力したい情報もあったりするのでThinkPadを持ち込んでいるのだが、作業の間iTunesでCorneliusの“FIRST QUESTION AWARD”をかけてみたりする。

 これは私のフェイバリットなアルバムといっていい。

 “silent snow stream”が流れてくると、いつかこの曲を聴きながらオープンカーで雪の中を走りたいと思っていたのだ、と思い出す。オープンカーを所有したことはない。これまでのクルマ…自分用のクルマとして10台乗り継いでいるようだ…で唯一スライディングルーフがついていたポルシェ993カレラでは雪の中、ルーフを開け放って走ったことはあったような気がする。

 どうもこのところ体調が悪い。

 ずっと多忙でもあるし、単純に風邪を引いたのかもしれないと思いながら、支給品のステープラーでパチンパチンと資料を綴じている。

 そんなどうでもいいことを考えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

筑紫哲也のRHODIA

 筑紫哲也の追悼番組を見るともなしに見ていると…“残日録”に見慣れた紫の罫線が。RHODIAのノートに書き綴っていたんですね。

 確かに、紙自体を自社生産するところから始めているRHODIAのこと、長く残そうと思ったら期待に応えてくれそうですよね。ブロックメモのように使い捨てていくにはもったいない紙質です。

 合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月10日 (月)

Leica:ローライ35のフラッシュ

Leica:

 ストロボというかスピードライトというかフラッシュ。持っていないわけでもないのです。ニコンF3用のTTL連動タイプのSB-17とか、外光式ですがやはりニコンのFGあたりで絞りの選択肢が多くなるSB-19とか、半ばジャンクのサンパックなんかもあったかな?ま、そもそも私には、暗いからフラッシュを当てる、という感覚がないもので、レンズの開放F値の明るさというのが重要だったりするわけですが…

 既に先日触れている“エスクァイア日本版”のNOV.2008 Vol.22 No.11の特集で、スティーブン・ショアという写真家が次のように語っているのを発見しました。

「ほら、フラッシュを焚いても、影があまりできない。これがよかった。なぜなら、このカメラ専用のフラッシュは、カメラの上にではなくて下に付けるからなんです。」

 なるほど。大抵、フラッシュの位置というのはレンズ光軸の左上に設定されているものですよね。そうでなければ光軸の真上。右側にあるとしても少なくとも光軸よりは上。そんなところでしょう?ところが、積極的に光軸の下から当てているわけですよね。

 確かにローライ35のホットシューはボディ底面にあって、専用のフラッシュももちろんそこにつけるようになっているわけです。まっとうに構えれば光軸の下からフラッシュを当てるかっこうになります。しかもコンパクトなボディですから、光軸に近いところから当てることになる、と。

 人によっては底面につけて、ボディそのものを180度回転させ、シャッターボタンを下にして構えてレリーズする、というようなことをいう人もいたりして、私もそんなもんかと思っておりましたもので、あえて下からフラッシュを当てるというセンスが非常に新鮮に思えたのでした。

 まあ、今のところローライ35用のフラッシュそのものは持っていないという話なんですが、これ、いつか試してみることにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 6日 (木)

Leica:ローライ35Bの秋

 秋晴れの午後4時の日差しがあまりにきれいだったので、久しぶりにローライ35Bを取り出して、その場でフィルムを詰めるところから始めて、数ショット撮ってみた。

 構えたところでファインダー…35Bはボディ中央より右寄りにファインダー接眼部がある…を探してみたり、露出計はほぼ正確だな…と思ったはいいけれど、シャッタースピードを合わせずに撮ってしまったりと、使い慣れない僕だったが、これはよくできたカメラだと思う。この携帯性でこのナローな画角を持ち歩けるカメラというのはそれはそれで貴重な気がする。

 目の前の風景を見て、さて…とカメラを構えたときに、40mmという画角が思いの外、狭く感じられたのだけれど、28mmの、画角に入る不要なものをフレームの外に追い出していくような被写体への迫り方はそこにはないし、何も考えずに構えたとおりの35mmの感覚でもなく、注視してクローズアップする50mmとも違う、40mmの独特の世界が広がっている。

 このところ主に使っていたGR1sの28mmなり、ライカの35mmなり50mmなりの画角で世界を見ることに慣れてしまっていたのだろうと思う。前に撮ったロールには桜が写っていたのに、今度は色づいたプラタナスだ。それも仕方がないだろう。

…という写真をすぐにアップできないところがもどかしい、銀塩写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 5日 (水)

Leica:GR1s

Img_6663 

 春先から自分用として使っていたリコーGR1sを手放すことにしました。購入価格が確か¥35000くらい、それを7ヶ月ほどつかって、おきまりのヤフーオークションで¥28,500で落札していただきました。まあ、いい線ですよね。

 いや、いいカメラでした。あの大きさ・薄さでフラッシュまで内蔵しているわけですから携帯性には非常に優れているわけですし、レンズの描写にも文句を言ってはいけないのでしょうし。仕事のときにも常にかばんの中に持ち歩いていましたね。それが負担にならない。

 では、なぜ手放すことになったかというと…

 説明がつく範囲では、例えば…AFが私の狙ったところには合いにくい感じがしましたし、露出の表示もそれをライカのサブとして露出計代わりに使うには少々大雑把すぎますし、ね。まあ、要するにフィーリングが合わない、のでしょうね。なんとなく説明がつかない、そういうこともあるんです。たぶん。

 28mmF2.8というスペックのレンズとしても、エルマリート28mmの1stなんていう大物とCLE用Mロッコールとを所有していて、どちらも山崎光学写真レンズ研究所に送って光学系のオーバーホールをしてもらった個体で、手放す気がないわけで、そのうえこのカメラではあまりにダブりすぎる…というような思いもあったわけです。開放F値が明るいとか暗いとか、そういった違いがあればまたそれなりに納得もできたのでしょうが…。

 ということで、携帯するカメラとしてはまたローライ35Bを持ち歩いている私でしたが、これがまた暗いところが苦手で、軽くて小さいけれど厚みはあってゴロンとした感じですし、仕事でデジカメがあるといいなと思う場面も多くなってきたので…現状ではケータイのカメラでなんとかやっているわけですが…中古のGRデジタルでも買って持ち歩こうかと、そんな気分になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

RHODIA用のレザーカバー

Img_6666s

 インターネット通販で細かい文房具を買うついでに…金額的に送料が無料になるように…以前から気になっていた、おフランス製のブロックメモ“RHODIA”の“No.11”用のレザーカバーを買ってしまいました。

 スリップオンさんで扱っている“BT”というタイプのものですね。色も考えたのですが、ブラックのカバーに覗くオレンジということで、ケータイと同じイメージにしてみました。

 いや、実際のところ、不要かなーと思わないでもないのですよ。書籍と違って消耗品ですし、付ければそれだけ厚みが増しますし、重さも増しますし、そういう細かい要素の積み重ねで荷物がかさばり重くなる…。

 素のまま使う。RHODIAならデザインもいいですし、こだわるならばそういうことにこだわるべきではないのか…とまあ、いろいろと考えてはいたのですが、ついでがありましたので買ってしまったというわけです。

 文房具も、楽しいですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月 2日 (日)

Leica:今週の“銘機の肖像”

 日付としては一昨日になってしまいますが、今週もBSジャパンの“銘機の肖像”、見てしまいました。

 バルナックライカ…要するにスクリューマウントのライカ…の回で、吉川真行老師なんか出てましたし、モノクロフィルムでダークルームの作業もしてましたね。

 なんていいますかずっと、ライカは100%の実用品で、つまりM型(とR型)に限る、と思い続けていて、スクリューマウントのボディは所有していたことがありませんが、なんか、見ていたらスクリューマウントのライカも素敵に思えるようになってきたようです。

 スクリューマウントというか、レンズ固定でもいいし、レンジファインダーも要らないような気がするなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »