« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月に作成された記事

2008年6月27日 (金)

GCAM-7200のインナーパッド

 指折り数えてみると4年半も愛用しているアルティザン&アーティストのカメラバッグ“GCAM-7200”のインナーパッドがへたってきたので交換することにしました。

 サーヴィスへ問い合わせてみると本当は単体の販売はないとのことでしたが、今回は特別に分けていただいたのでした。これでまた安心して使えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月26日 (木)

自己評価

 年配の同僚と階段を上っていて、

「りばらんさんは、いつもフットワークが軽くていいですねえ…。」
※職場で“りばらん”と呼ばれているわけではありません。ファーストネームで呼ばれることが多いです。念のため。

と言われた。そんなことは全くない。だるい足を引きずり、引きずり歩いているのだ。

 同年配の同僚には、

「りばらんさんは、いつもはつらつとしてますよね。」

と言われた。そんなことも全くない。私はそんなに元気いっぱい、前向きに仕事をしているように見えるのだろうか?

 そうなのかもしれない。少なくとも同僚には本心を見せていないのかもしれない。家族にも見せていない気持ちなのだろう。それを知っているのはあなただけ。そんな話です。つきあってやってください。

 私自身の自己評価と周囲の評価とにずれを感じることは多いのだが…そして幸い、よい評価をいただくことが多いので救われているけれど…ここ2年ほどは体調がよかったと感じた日はないし、眠れない夜も多い。食欲がなく、食事は1日1食、夕飯のみだ。コーヒーとチョコレートは欠かせないけれど。胃は痛くないが、食べると腹痛に悩まされる日も多くなった。スラックスががばがばになってベルトを詰めた。座って事務仕事をしていてもめまいを感じる。鏡を覗けば、ほおが落ちくぼんでいる。

 毎日顔を合わせている人は気づかない。そういうこともあるのだろう。久しぶりに顔を合わせたクルマ屋さんには、痩せた?と聞かれた。

 要するに、精神的に追い込まれているのだろう。

「どうにも仕事が忙しくて…」

と知人に打ち明けたところ、

「できないことをしようとしてるんじゃない?」

と言われて、ひどく傷つき、怒りを感じたことがある。以後、その知人に本音を打ち明けることはなくなったような気がする。

 それが趣味であればそのとおりだろうし、自営業であればそうなのかもしれない。しかし、サラリーマンというか組織人というか…やはり職業人としては、命じられればそれに応えなければいけないのではないか。当人の能力の如何に関わらず、だ。

 今シーズンはひどく忙しい。通常業務すら滞っている気配なのに、ひとつ、ふたつ、みっつ、よっつ、いつつと特殊な業務が重なってきて、ひどい閉塞感を感じている。それでいて、エクストラの報酬があるわけでもない。多くは、支店の仕事として私に降ろされた業務ではなく、私個人への名指しの業務であったりする。

 昨日は、そのうちのふたつの出張が重なり、立場上、行きたくない方に出ざるを得なくなった。他の分野…私自身の自己評価はともかく、どうやらその道のエキスパートということになっているらしい…はさておき、この分野は明らかに私のフィールドではないように感じている、そんな仕事だ。

 不慣れな仕事はそれなりに手間がかかることが多い。隅々まで心配りの行き届いたクリエイティブな内容を求められても、やむを得ずお役所仕事のルーティンワークのレベルにとどまることもある。

 今回はその準備のために二晩、今回ばかりは積極的に寝ないで(笑)準備をしたにもかかわらず、それは否定され、予定の時間に終了せず、私の自己評価は“子供のお遣い”以下だった。

 情けないけれど、ひとつひとつの仕事のクオリティが下がっていくのを食い止められない。もどかしい。

 出張から帰ってみると、残っていた若手が何を感じたのか、

「ひとりで全部背負わないでください。」

といってくれた。

 それはそれでありがたく聞いておくけれど、しかし、個人を名指してくる仕事について、直接の協力を求めるわけにもいかない。では、通常業務の部分の肩代わり…というほどに、みなに余裕があるわけでもない。

 その状況をつくっている一因は、間違いなく副支店長なのだが、この春代わった支店長が、

「りばらんは、こんなにいろいろ仕事がきていて大丈夫なのか?」

と心配してくれても、副支店長はどこ吹く風…。

 そして夕べは、徹夜明けのハイテンションに任せて、これまで漠然と考えていたことを、残っていた若手たちに宣言してしまった。

「まわりに上手に仕事を割り振っていくのも、支社全体、ひいては業界全体の業績を上げていくのにそれも必要なんだろう。上手に立ち回って当人は何もしないまま“実績を上げる”人もいる。しかし、オレにはそれはできない。コミュニケーション能力に欠けるのも認める。一人で全部やる。できなくなったら倒れてそれで終わりでいい。それがオレの仕事の限界でいい。」

 ま、倒れたら、辞めますかね。スッキリするでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

Traviq:1082日め:ジャスト

 先ほど家に帰り着いたらちょうどでした。

トラヴィックのオドメータ:80,000km〔納車後66,678km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 8日 (日)

徒歩にて

 かつては国道だった、田舎町のメインストリートを歩いてみた。

 バイパス的な道路が新設されて交通量が減ってしまったこんな通りが、新潟の田舎にはたくさんある。いや、どこの田舎にもあるのだろうけれど。

 エルマリート28mm1st付きのM4は持っていたけれど、夕闇が迫っていて、ISO400でも開放の1/8とかセコニックが示しているので、写真はあきらめた。

 昔は店舗兼住宅として使っていたとおぼしき建物がたくさんあり、しかし、少なくとも店舗の部分はシャッターが閉め切られて久しい様子だ。

 買う気なんて毛頭無いけれど、物件としては悪くないようにも思う。

“リフォームの素材としてはよさそうだなあ…”

“道路から段差があるから、車高が低いクルマだとこすっちゃうな…”

などと思いながら歩いてみる。

 歩いてみないとわからないことがある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 5日 (木)

MP970

 最寄りのカメラのキタムラで安くなっていたので購入したのでした。キヤノンのインクジェット複合機“MP970”。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

Porsche:2085/992日め:968

 自家用車運転で出張に出てみると前に968が走っていました。944系のポルシェもいいですよね。嫌いじゃないなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »