« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月に作成された記事

2007年10月27日 (土)

被写界深度

被写界深度
 縁あって地域のバドミントンに関わっているのですが、最近はこんなブランドがあるんですね。直訳すると“焦点深度”、一般的には“被写界深度”と呼ばれている、見かけ上のピントが合っている範囲のことですが、はてさてどうしてこういうブランド名になったのやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月22日 (月)

1859/766日め:違和感

違和感 先週に引き続き代休の月曜日です。白昼のショッピングセンターの駐車場においてみました。まあ、さほど違和感はないですね…そうか?

 帰りがけに、通い慣れた峠の登りで3速6000回転やってみました。う~ん、速さよりも音に圧倒されますな(笑)。

ポルシェ911のオドメータ:109,540km〔納車後3,874km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

ランチア・デルタ

ランチア・デルタ 画像の誤りではございませんで…(笑)。

 村上春樹のエッセイというかヨーロッパ紀行「遠い太鼓」を読んでおりますと、氏の最初のマイカーが、な、な、な~んと、あちらで購入したランチア・デルタであることが書かれております。

 とはいえ、多くの人が真っ先に連想するであろう、“インテグラーレ”ではなく、“1600GTie”というグレードだそうで…。私自身もよくわからないのですが、もちろんFFの、“ナロー”とでも呼ぶべきフェンダーがふくらんでいない、角目ライトのの仕様なんでしょうね。たぶん。古い“ドライバー”誌で見たような気がします。

 氏はクルマについては無頓着なのではないかと勝手にイメージしていたのですが、なかなかどうしてこだわりを感じさせる記述がそこここにみられ、楽しく読むことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

840日め:オイル交換

オイル交換 出張の帰りに、新潟市は藤見十字路のカーコンビニエンス・エムズさんに寄って、オイル交換してきました。

 リフトのついでに下回りを眺めていると、エンド・マフラーのフランジに錆が…。

トラヴィックのオドメータ:67,254km〔納車後53,932km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

期限切れもいいところ

期限切れもいいところ つい先ほど…夜更けに冷蔵庫を開けてみたところ、発見してしまいました。“2003-11”だの“2003-12”だのと書いてあるフィルムたち。いや、使えないこともないでしょうけどね(笑)。

 ブローニーは“ペンタックス6x7”にでも詰めるはずだったフィルムですかね~?今でも“ローライコードV”なんてカメラが手元にあるので使い道もありますが、APSなんてカメラそのものがないじゃん(爆)。そうそう、“コンタックスTiX”なんてカメラも使っていたのでした。

 フィルムのフォーマットもあまり手を広げすぎてはいけないということでしょうかね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

1852/759日め:秋晴れの下

編集中 休日出勤の代休だったのですが、朝っぱらから雨でこれはダメかなーと思っていたら、天気も持ち直しまして、久しぶりにお天道様の下に乗りだしました。

 さて、今年はあと何回乗れるでしょう。そんな時期になってきましたね…。

ポルシェ911のオドメータ:109,506km〔納車後3,840km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

芸術の秋なので

芸術の秋なので 芸術の秋到来で、そのへんの体育館で演芸大会(笑)のようなものをやっていたので、しばらくフィルムを通していなかったボディを使ってやる意味で、被写体を求めて行ってみました。

 室内なので、M5の露出計をあてにして、ズミルックス35・ズミルックス50・ズミクロン90の明るいレンズトリオと、スペアとしてM3を、アルティザン&アーティストのACAM-3000に詰めてみました。向かって左から、ズミルックス50付きのM3、ズミクロン90、ズミルックス35付きのM5ですね。たすきがけにして持ち歩く機材としては、これくらいが限度ですかね…。

 ISO400のネガカラーで、F2・1/2に1/125秒ってなデータでズミクロン90を使ってみたのですが、90mmくらいだとレンジファインダーでも…M3でなくとも…そこそこ使える感じがしましたね。接写の必要がなければ、一眼レフでなく、レンジファインダーの方が快適だなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

ウニモグ

ウニモグ 職場の仲間で、“みかわ天文台”というところに草刈りのボランティアに行ってきました。車を駐めて歩き出すと、一応、幅はあるものの砂利の上に急斜面で、徒歩でも息切れするような山道の先だったりしまして、

「これは普通のクルマじゃあがれませんねえ…」

みたいなことを話していったわけですが…いや、大袈裟ではなくて、それなりのタイヤを履かせたクロスカントリータイプのクルマでないとあがれないかも?…確かに普通ではないクルマが使われていたりしたわけです。メルセデス・ペンツの“ウニモグ”(UNIMOG“Universal-Motor-Gerä”)。

 なるほどなーと納得させられたのでありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

50mmレンズを考える

 標準レンズ=50mmというのも悩みのタネですね。

 年齢によって画角に対する感じ方も変わるという説もありますが、どうも使いにくい印象があって敬遠してきた50mmレンズなのですが、各社とも一番のバリエーションがあるのも50mmレンズで、結果として私の手元にも50mmレンズが溜まっていたりします。

 ライカMマウントのエルマーF3.5。
 ライカMマウントのズミルックス。
 オリンパスOMマウントのF1.8。
 オリンパスOMマウントの55mmF1.2。
 オリンパスOMマウントのF2マクロ。
 ペンタックススクリューマウントの55mmF1.8。

…うう。数えてみるといっぱいありますね。肥大化したシステム。シェイプアップしたいですね。

 もちろん、それぞれに使えるボディが決まっているわけで、ボディ装着状態での携帯性というようなことも考えなければいけないのですが、一本持っていくとなるとこれが難しい。

07m50310_2 写りだけを問題にすれば、私の場合はズミルックスなんですね。これはもう、動かしようがありません。(私が撮影してきた)ありとあらゆる状況で、常に期待以上の写りを残してくれる、そんな絶大な信頼感をもって使っています。ファインダーを中心に考えたときのベストなボディとしてM3の存在も大きいですし、露出計を重視してM5でもいい。F1.4の明るさがあれば、F1.2だのF1だのといわずとも大概の光は捕まえられるものです…ということで、季節外れの夜桜の作例です。

 ただし…レンジファインダー用レンズの悲しさで、寄れないんですね。カタログデータとしては1m、実際には0.9mくらいまでしか被写体に寄れません。食事ですとか、手元の小物を撮ろうなんて思うと倍率が出ない。気持ちについてきてくれない。

 エルマーも事情は同じ上に、暗いところでは開放F値の暗さも問題になってきます。写りはズミルックスと違う意味で気に入っているのですが。

 では、一眼レフ用ではどうか。実は実写したことがないペンタックスは問題外として(笑)、たまたま私にとっては歴史の浅いOMマウントのレンズが多いわけですが、F1.2にしてもF2マクロにしても、単体で300gを超える重量級レンズでは携帯性に難有りですし、コンパクトなF1.8の0.45mという最近接もレンジファインダーに比べれば格段に近いとはいえ、もう一声、と思わないでもない。

 ちなみに、F1.2のフレアっぽい開放もおもしろいし、F2マクロの切れ味というのも鋭くて、それぞれ使いでがあるんですが。

 携帯性がよく、寄れる、ということでは、ペンF/38mmF1.8がベストな選択なのですが、ハーフ判というのが……。サービス判どまりでそれ以上を期待しなければかまわないのですが、いい絵が撮れてしまった(笑)ときは伸ばしきれず、残念ですよね。

 寄れないレンジファインダーと、寄れる一眼レフではマクロレンズとコンパクトなスタンダードレンズ。なんだかずっとそんなことばかり考えてきたような気がします。ニコンのときも55mmF2.8マイクロとF1.8を、EOSのときもF2.5マクロとF1.8を持ってましたし。ライカRのときはF2だけでしたが、あれもいい写りのレンズでしたねえ。コンタックスG1の45mmも50cmまで寄れたんですが、それもまたもう一声って感じでしたし。

 あちらをたてればこちらがたたず。ままならないものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

1847/754日め:深夜のドライブ

深夜のドライブ がんばらないといつまで経っても乗れないような気がしてきて、日付が変わってから40kmほどドライブしてきました。帰り着いたらこんな時間でした。

 始動そのものは特に時間が掛かったわけでもありませんでした。しかし、一ヶ月以上もほうっておくと、それなりにがさついているようすでしたが、それも走っているうちにどんどん滑らかになってきました。

 そこでまた放置プレイに入ってしまうのかも(笑)。

ポルシェ911のオドメータ:109,471km〔納車後3,805km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

日常生活を撮る

 ちょっとばかり、機材について迷いがある今日この頃です。

 オリンパスペンFだのミノルタCLEだの、コンパクトなカメラばかり使っていたら、ニコンF3は論外としても、M型ライカもバカでかくみえてしまって、持ち出す気になれません。

 携帯性というのもカメラの機能の一部のような気がしますね。周期的にそんなことを考えているような気もしますが、またその時期に入ったのでしょう(謎)。

 まあ、CLEなんかM型ライカシステムの一部だという気もするのですが、レンジファインダーの“寄れない”という部分がものすごいハンデに感じられたりもしますし。10年以上そこを割り切ってM型ライカを使ってきたのですが、ここへきて寄りたいことが多くなってきまして。

 ペンFの良さは“寄れる”という部分も非常に大きいですね。OM-1に50mmF1.8の最近接45cmなんてのも、当たり前のスペックではあるのですが、微妙に寄り切れないのが不満だったり……しかし、ペンFはフォーマットの小ささが気になったり……。

 それぞれにメリット・デメリットがあるのは当然のことで、使い分ければいいのでしょうが、撮影を目的としていない日常生活には何台も持ち歩くわけにはいきませんし、最低限の機材でそのときどきの気分を最大限にカバーしようなんて思うと、難しいですね。

 さて、明日は何を持って出ることにしましょう……?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

1845/752日め:雨

 いや~、このところ忙しくて、ずっと帰りも遅かったもので、車検以来放置プレイでした。

 今日あたり、仕事終わったら乗れるかな~なんて期待していたら、雨。ま、そんなものですがね…。

ポルシェ911のオドメータ:109,431km〔納車後3,765km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

「超」整理手帳2008

超整理手帳 はい。時期ですので購入しました。カバーはレザーのものを使用しているので、中身のみ。何シーズン目になりますか、すっかり定着しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

ヴィトンの修理

ヴィトンの修理 特にブランドに魅力を感じているわけではないのですが、中古でもらったルイ・ヴィトンのモノグラムの財布を使っていました。内張の薄っぺらい合成皮革がボロボロと剥離してきたので、修理に出してみました。

 とりあえず、引き受けてもらえたので本物ではあるようです(爆)。

 で、修理のコースとして、現状を再現するコース?と、内側を総取っ替えするコース?と、提示されまして、総取っ替えの方がいくらか安かったので、よくわからないまま総取っ替えしてみました。

 すると、残っているパーツというのが外側のモノグラムのプリントがされた部分のみ(!?)といった状態で、内側のカードホルダーとコイン入れの部分がまっさらの新品になって帰ってきました。これはスゴイ。

 こういう永く使うためのサーヴィスがあるのなら、ルイ・ヴィトン、大歓迎です(笑)。

 しかしながら、オリジナルでは革パーツを縫い合わせて構成されていたカードホルダーが、一枚革にスリットが切られただけのものに単純化されてしまい、モノとしての魅力は半減してしまった感じです。オリジナル再現コースにしておけばよかったなあ。金額も大して違わなかったんですよね。しかも、“スペイン製”だったのが“フランス製”になってしまってますからねえ(笑)。

 そそ、お代はどっちのコースも¥10,000強といったところでした。高いか安いかはアナタの感覚にお任せします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »