« GMTマスター | トップページ | GMTマスターの状態 »

2007年6月24日 (日)

セイコー・タイプ2

セイコー・タイプツー 結局、GMTマスターは、大阪の上甲時計サービスさんに面倒をみていただくことにして、宅急便に載せたのでした。

 で、腕時計がないとそれなりに不便なので、代わりに祖父の形見をひっぱり出してみました。ロレックスなんかしていると、“他にもたくさんもっているんでしょう?”的な質問をされてしまうものですが、私が2本しか持っていないうちの、もう1本。SEIKOの“タイプ2”というモデル。クオーツで…つまりは電気仕掛けなのですが、昔の時計の雰囲気がでた、よい佇まいをしています。

 これは私の記憶がある範囲で、私の両親が祖父にプレゼントしたものです。祖父は完全に実用品として使っていて、畑仕事や山仕事にもそのまま着けていたため、無数の傷がついてしまっています。

 ケースが傷だらけなのは問題ないとしても、ガラスも傷だらけで、文字どおり盤面が読めないくらいになっていたので、私の手元に来てから、ガラスのみメーカーで交換してもらっています。

 たぶん一番かわいがられていた孫である私、声が似ているともいわれる私の手元にきて、時計も祖父も喜んでくれているような気がします。まあ、ふだんは机の中で待機しているだけ、ときどきチェックして止まっていたら電池交換するくらいだったのですが…。

|

« GMTマスター | トップページ | GMTマスターの状態 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/15539664

この記事へのトラックバック一覧です: セイコー・タイプ2:

« GMTマスター | トップページ | GMTマスターの状態 »