« 今日の機材 | トップページ | 1705/612日め:実に »

2007年5月16日 (水)

個人的な体験~読書~

 また恩田陸を読んでいる。たった今、読み進めているのは「禁じられた楽園」(徳間文庫)。

 恩田陸は1年ほど前にまとめて相当な冊数を読んで、かなり関心を持ち、ひとつまたひとつと冊数を重ねるうちにまた興味の深まりも感じているのだけれど、心のどこかで馴染みきらず、自分とは相容れないもの、という感じは残っている。読んでいて、何かがひっかかるのだ。

 馴染むということでいえば、栗本薫は完全に馴染んだ作家だ。10代から読み続けているグインサーガにしても、伊集院大介ものにしても、呼吸をするように半ば読み飛ばしてすら、完全に理解できている信頼感のようなものの中で読んでいる感じがする。

 長期間にわたって付き合い続けるからそういう馴染んだ感覚ができあがるのか。本質的に合うものと合わないものとが存在するのか。たぶん、本質的なものなのだとは思う。

 自分に合う作家に出会えることは幸せなことなのだろうし、合わない感じを持ちつつも、しかし、興味を魅かれる作品を読むことも、幸せではある。

 そんなことを考えながら、また、恩田陸を手にしている。

|

« 今日の機材 | トップページ | 1705/612日め:実に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/15092702

この記事へのトラックバック一覧です: 個人的な体験~読書~:

« 今日の機材 | トップページ | 1705/612日め:実に »