« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月に作成された記事

2006年9月30日 (土)

季刊クラシックカメラNo.11

Dsc01071e 特に意味はないのですが、大昔の季刊誌の表紙を眺めていたら、

「この組み合わせ、今、ウチにあるじゃん!」

と、気づきまして…(謎)。

(CLEに40/2、M5のブラック3ラグにズミクロン35の6枚玉)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

1460/377日め:ジェット交換

…はせずにちょっとだけ流してきました(笑)。

 だって…“ここを回すとジェットが抜けてー?”“これがエア・スクリューでー?”眺めてみれば他に考えられないんだけど、ようするに構造とかよくわかってないんだもん(火暴)。

 いや、時間がなかったというのが一番の理由なんです。はい。

 いつの間にやら、今のクルマとの生活も1年を数え、ポルシェとの生活も5年目に突入していたのでした。

ポルシェ911のオドメータ:108,359km〔納車後2,693km〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

1466/373日め:ルーチン・ワーク

として流してきました(笑)。

 2速6,000rpm、3速5,000rpmあたりの指針が読めましたが…メーター見てる場合じゃないことも多々あり(笑)…かなり気持ちよく回っているようです。

 相対的に、スローの領域が重く感じられるような気がします。

Dsc01070…ということが確認できたところで、実はスロージェットを準備してあるのでした。

ポルシェ911のオドメータ:108,343km〔納車後2,677km〕

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ズミクロン35mm6枚玉

Dsc01069 かむるち師匠のところへ、フィルムカウンター修理のために預けていたCLEを取りに行ってきました。

 で、なぜかズミクロン35mmの6枚玉なんか借りてきたりして。この画像ではわかりにくいな(笑)。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

1465/372日め:お約束なので

Dsc01067 ま、買ってみました(笑)。

 どうでもいいっていえばどうでもいいんですけどねえ…。

Dsc01068 で、本題はこちらのような気がします(謎)。

ポルシェ911のオドメータ:108,299km〔納車後2,633km〕…乗ってないです

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月21日 (木)

1463/370日め:考えごと

をしに、ちょっと流してきました。ま、あんまり考えごと向きのクルマじゃないですけど。2速の全開とか、歯、食いしばっちゃうもん(笑)。

 乗るたびに音が違う感じで、今日は大きくはないけれど乾いた音が、ボディに響いているっていったらいいんでしょうか、そんな感じでした(謎)。

 2速の6000rpmは軽く回ってました。いい感じです。

ポルシェ911のオドメータ:108,299km〔納車後2,633km〕

| | コメント (2)

2006年9月16日 (土)

CLEのフィルムカウンター

 購入したその日からわかっていたのですが、ウチのCLE、フィルムカウンターの戻りが悪いのです。裏ぶたを開けても“7”とかで、“0(というかもうちょっと前?)”に戻ってくれないという…。

 で、かむるち師匠に診てもらうことにしていたので、今日、フィルムを抜いて、しばらく詰めないことにしたのですが…さ、寂しい(笑)。

 フィルムを抜いて改めていじってみると、戻らないだけではなく、ちゃんと進まないこともあるようで…。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

1459/364日め:夕べ

 すっかり書き忘れてましたが、夕べもちょっと流してきました。エンジン系統はだんだんと調子よくなるようではあります(笑)。

 そしてまた、自動車趣味生活を支える新たなるキーパーソンの登場か…(言迷)。

ポルシェ911のオドメータ:108,255km〔納車後2,589km〕

| | コメント (1)

2006年9月12日 (火)

CLEとレンズ

 かむるち師匠のリクエストにお応えして、CLEに40mmと28mmとを装着したところです。

Dsc01065_1Dsc01066_1 40mmのほうには昨日の社外フードが付いておりますし、28mmには純正のメタルフードが付いているわけです。いずれにしてもコンパクトではありますよね。

 CLEって28mm用だなって思うのは、28mmを装着すると、ファインダーが28mmフレームだけになるんですよ。

 28mmフレームは出っぱなしで…

 40mmを装着すると28mm+40mmで…

 90mmを装着すると28mm+90mm…

っていう組み合わせなんです。それが、28mmだと他のフレームが出ない。依って、28mmの視野が一番スッキリするわけです。

 しかし、今日もかたくなに40mmを使い続ける私でした(笑)。

 ん?90mm?いりませんって(爆)。

| | コメント (4)

2006年9月11日 (月)

1453/360日め:911の日

 はい、“911の日”です(笑)。

 思い起こせば、2002年9月11日に最初のポルシェ911を契約したのでした。まる4年が経過しましたねえ…。

ポルシェ911のオドメータ:108,212km〔納車後2,546km〕…乗ってないです

| | コメント (1)

コンパクトさを損ねぬよう

Dsc01064 こうしてみました(笑)。

 CLE用レンズとしては、以前からM型ライカで使っている28mmと、今回ボディと共に購入した40mmとを所有しているわけですが、純正フードを使う28mmはともかく、40mmは純正がラバー製で切れちゃったりしますし、最近は28mmと同様のスタイルの社外品のフードも販売されていたりするのですが、コンパクトさを損ねたくないし…と思っていたら、こんなスタイルの商品を発見したのでした。

| | コメント (3)

2006年9月 9日 (土)

CLEと私〈其之弐〉

 90年代半ばの私は、まだ一眼レフがメインで、日常の記録としてCLを常に携帯して使っていたものです。そのCLの故障に際してM2を手にした頃、前後してコンタックスG1を入手していました。どうかすると、CLとG1を一緒に持ち歩いていたりもしまして(笑)。

 絞り優先AEで撮れる優秀なレンズが付いたコンパクトなカメラ、というCLEに求めるものとよく似た条件を満たすG1。AFの正誤がモニターできないという決定的な欠点があるものの、私、これが嫌いではなくて、45mmに90mm、28mmに21mm、35mmも使って、流石に16mmには手を出しませんでしたが、身につかなくて、ヨドバシカメラで購入した新品から始めて、中古を2台、通算3台購入しては手放しているんです(笑)。1台目は友人に引き取られてアメリカ暮らし、3台目も所在はわかっているのですが、2台目はどうしたんだったでしょうか?(爆)

 さすがにもうG1がほしいとは思いませんが、今にして思えば…そういう遠回りをする前に、どうして素直にCLEにいかなかったのでしょう?あのときも、このときも、機会は何回もあったはずなんです。もっと早く気づいていれば、もっといい時間を…他のカメラと過ごした時間を否定するわけではありませんが…過ごせたのではないかな、と、いってもしょうがないことを考えたりするわけです。

 しかし。今、CLEに辿り着いてみると、それも決して遅くはないとも思いました。そういう出会いもあっていいのだろうし、これから関係を育てていくというのもありかな、と、そんなふうにも思えます。

 さて、CLEの実際ですが、平均測光のTTL露出計がどうかな?と思いましたが、確かにハイライトに引っ張られる傾向はあるものの、私の感覚ではM5の測定値と変わらない…当たり前といえば当たり前ではありますが…とも感じられ、ショックの少ないシャッターと相まって、私にとっては非常に使いやすいものになっているようです。AEロックがほしいとか、ダイヤルがロックされるのが煩わしいとか、くだらない文句はいわないことにします(笑)。

| | コメント (0)

2006年9月 7日 (木)

CLEと私〈其之壱〉

Dsc01063 さて、そのCLEですが、発売は1981年ですか、そのころで、80年代中盤には早くも生産を中止されていますから、まあざっと25年前といういいかたをしていいカメラになっているようです。

 当時の私は、ニコン(のもちろん一眼レフ)一辺倒で、家にあった“F”だとか、発売されたばかりの“F3”だとか“FM2”だとかってカメラを使っていた頃ですね。

 カメラ業界全体の動きみたいなものにも関心があった頃で、CLEというカメラが登場したことも覚えてはいるし、ライカのレンズが付くということも知識としては知っていたし、街のカメラ屋さんの店頭にもディスプレイされていたような気がするんですが、とりあえず縁がないカメラでしたかね。

 コンパクトで使いやすく、レンズが優秀なのも認めるけれど、一眼レフ万能で、レンジファインダーという機構そのものが古くさく感じられた80年代ですし、近接撮影が0.8mまでというのもマイクロニッコールを標準レンズに使っていた私には不満が残るところでした。

 そんなCLEが選択肢のひとつとして現実味を帯びてくるのは90年代初頭のいわゆる“ライカブーム”の頃ということになるでしょうか。ご多分に漏れず、私もそのブームに乗っかって、“8枚玉”ズミクロンなんか買っちゃってですね、“CLE”ではなくて“CL”を購入することになるわけです。

 その時点でCLEの“電気系統のトラブルは治らない”という話はすでにあって、その割には高価だったりして、CLの次はすんなりとM型ライカにいってしまったりしたものでしたね。

 しかし、しかし。心のどこかでは、CLEのコンパクトでキュートな佇まいが気になり続けていて…そう、このデザインは、私の中ではモダンなんです。ミノルタのロゴが新しくなったのが気に入らないという向きもいらっしゃるようですが、私は好きですね。

 そして、気にはなるのだけれど、なんとなく手を出せないでいる…十分に好意はもっているのだけれど、たぶん、触れてはいけないと思いこんでしまっている…そんなカメラとして存在し続けていたのでした。

| | コメント (4)

2006年9月 6日 (水)

一歩進んで二歩下がる(言迷)

Dsc01061 ノーコメントです。なんとでもおっしゃい…

 ってわけににもいかないか。なんかこう、いうにいわれぬストレスにさらされる日々で、ほとんど衝動的に、そのへんで中古カメラを一台持ち帰ってきてしまったのでした。このところ、レンズが出ていく一方だったし、誕生日も近いからいいか(謎)、みたいな。それでなにかを埋められるわけでもないのにね。

 カメラを買うといっても、さすがに無差別になんでもというわけにはいかず、ずいぶん永いこと魅力を感じつつ買わずに来ていたミノルタCLE。よく使い込まれていて、問題がなくもないのですが(謎)、ちょっと…これは…愛してしまったかもしれないです(笑)。

| | コメント (5)

1448/355日め:雨

 3月まで勤めていた支店のイベントが近く、案内をもらったのですが、今の支店も同日にイベントが重なって行けないため、差し入れを持って行ってきました。

 そう、前の支店は993カレラで通勤してましたから(笑)。

 で、しばらくくっちゃべっているうちに雨がばしゃばしゃと…。今年初めて雨に当ててしまいました(泣)。

 あ~あ、左のドアの内張、ビニール仕込んでなかったんだよなあ。ふやけてはいないみたいだけど(笑)。

ポルシェ911のオドメータ:108,212km〔納車後2,546km〕

| | コメント (0)

2006年9月 4日 (月)

さらにシステム縮小

Dsc01040 ちょっと惜しいような気もしないでもないのですが、勢いというものもありまして、けっこう永いこと愛用してきたエルマリート90mmを手放しました。

 しかし、しかし。唯一の望遠となったズミクロン90mmはさすがに大きくて重いので、軽い90mmに逝ってしまうかも…(謎)。

| | コメント (5)

2006年9月 3日 (日)

1445/352日め:レーシングシューズ

Dsc01053 日常的に…っていうか、ポルシェに乗ること自体が非日常という気もしますが…レーシングシューズ履いて運転しているという話でした(笑)。たまたま安く買ったブラバムのシューズですね。

 今日も30分ほど乗ってきましたが、とりたてて悪い感じはしなかったなあ。

ポルシェ911のオドメータ:108,162km〔納車後2,496km〕

| | コメント (0)

2006年9月 2日 (土)

1444/351日め:9月です

 晴天の昼下がりに走ってきましたが、真夏の暴力的な暑さではなくなってきたのか、窓を開けなくてもしのげるようになりましたね。

 まあ、ウチのクルマは密閉性が低いんですけど(爆)。

 天気がいいせいか、調子よく感じたなあ。

Dsc01052 メーター上の油量はこんな感じですね。

ポルシェ911のオドメータ:108,135km〔納車後2,469km〕

| | コメント (2)

428日め:クルマの神様2

Dsc01049 出ましたねえ。“カメラマンの愛車”あたりがよかったりして(笑)。

トラヴィックのオドメータ:39,969km〔納車後26,647km〕

| | コメント (2)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »