« 壁を破る言葉 | トップページ | X40 »

2006年2月24日 (金)

クラシックカメラ専科

DSC00859 今では全然触ってもいないのですが、朝日ソノラマから出ている“クラシックカメラ専科”、昔はけっこう買っていたものでした。まあ、内容を見ながら取捨選択をして、という買い方ではありましたが。

 最近、ライカ症候群が再発して(笑)、ときどき、あの記事はどこだったかな?…と思うことがあり、バックナンバーを紐解くわけですが、どうも1冊見失ってしまったようでもどかしい思いをしていたところ、たまたまヤフーオークションに出品されているのを発見して、落札してしまいました。

 特集としてはタイトルにあるとおりの“M型ライカ図鑑”でして、機種毎のリファレンス的な書籍ならいくらでも存在するわけで、この本もさほど注目されていないのかもしれません。スタート価格の¥600也。

 私にしても、その手の内容であればほとんど頭に入っているわけで、なくしたらなくしたでかまわないな、とも思ったのですが、久しぶりに手にしてみると、特集以外の部分で…アスフェリカル・ズミルックスを購入するきっかけになった記事ですとか…影響を受けた記事を発見しまして、買ってよかったなと思ったのでした。

 細かい記事の中に現れる情報が侮りがたい“クラシックカメラ専科”であります。

|

« 壁を破る言葉 | トップページ | X40 »

コメント

 どうぞどうぞ。変な本いっぱいあるんで、読んでやってください。

 極めつけは、今、かむるちさんとこ行ってる“ライカシンドローム”でしょうけど(謎)。

 クラカメ専科は、今も刊行は続いているんで、買い続けているときっと役に立つ記事もあると思うんですけど、なんとなく買わないでいるんですねえ…。

投稿: りばらん | 2006年2月26日 (日) 23時25分

こんど見せて下さいませ。

ライカ本だったら何でも興味ありますから(笑)。

投稿: otoji | 2006年2月26日 (日) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122250/8812069

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックカメラ専科:

« 壁を破る言葉 | トップページ | X40 »