« 2002年9月 | トップページ | 2002年11月 »

2002年10月に作成された記事

2002年10月31日 (木)

41日め:シート・ヒーター

 そういう機能があることは知っていましたが、今日初めて使ってみました(笑)、シート・ヒーター。

 いや~、元々空冷エンジンのためか、暖房そのものもすぐに効いてくるというのは本当ですが、このシート・ヒーターってのもキョーレツに暖かいですね。これだけ暖房設備が備わっていれば、冬もなんら心配ないような気がします。

 根本的に、“RR”というのが一番の問題かもしれません(爆)。

〔本日までの走行:41,607km(納車後:2,549km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月30日 (水)

40日め:ポルシェ メール

 ポルシェ・ジャパンが月末に配信している“ポルシェ メール”に、清水和夫氏(わがオーナーズクラブの会長…爆)がエッセイらしき文章を連載なさっています。

 第26回の今回は「カレラ4」というタイトルで、「911カレラ4こそ最良のスポーツカーである」という如何にも氏らしいお話でした。

 近くの山々も白く染まる今日この頃。私も、4WDだったらいいなあ…と思わないでもないのですが、初めて迎える新潟の冬。どうなることか、まあ、楽しみにお待ちください(笑)。

〔本日までの走行:41,556km(納車後:2,498km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月27日 (日)

37日め:油量計の真実

 前回のオイル追加から1,200kmあまりを走行し、油量計の指針もあまり上がらなくなってきたため、2回めのオイル追加にディーズさんへ行ってきました。

 そこで例によっていろいろ勉強してきたのですが、油量計は個体差があって、正確な個体もあるけれど…要するに、あまりアテにならないということでした(笑)。

 うちの993カレラ号の場合は、油量計の指針が「上は上過ぎ、下は下過ぎ」とのことで、油量計の指針がレッドゾーンに触れようかという現状でも、レベルゲージを引き抜いてみるとゲージの半分ほどの油量は保っているとのことでした。

 ちなみに、レベルゲージのひねってある部分が1リッター分の幅になっていて、今日はちょうど中程を指しており、0.2リッター追加してもらって3/4くらいにしてきました。

 そのへんの具合がだんだんわかってきたこともありまして、次回からは自分でオイルの追加をすべく、モチュールの4100Vを送ってもらうようにオーダーしてきました。高い方の“300V”は2リッター・ボトルの在庫があるのですが、4100についてはドラムで買っていて、今日のところはちょうどよい容器が見あたらないとのことでそんな運びとなりました。

〔本日までの走行:41,400km(納車後:2,342km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月24日 (木)

34日め:洗車したい

 え~、とりたててなんにもないのですが、このところ、雨が続いていてウチの993カレラ号、汚い汚い…。洗ってやりたいよぉ~。

 週末が近づいてきました。またディーズさんへ行ってオイルの追加でもしてきますかね。

〔本日までの走行:41,093km(納車後:2,035km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月23日 (水)

33日め:消耗品あれこれ

 納車から1ヶ月あまり。あっという間に納車から2000kmを走ってしまいまして、油量計の上まで上がらない指針をみながら2度めのオイル追加をしたくなってしまう今日この頃です。「追加する分のオイル銘柄はなんでもいいですよ」といってもらってはあるのですが、なんとなく同じ銘柄を入れてやりたいような気がしまして…。

 ちなみに、現状ではモチュールの4100を入れてあります。ディーズさんにお任せで私の意向は全く入っていませんが…。どこでも手に入るオイルじゃないところが厳しいですよね。

 実は、リヤタイヤの減りも気になってきました。噂には聞いていましたが、ホント、目に見えて減っていきます(笑)。記録簿をみると、昨年の6月、33,350kmの時点で前後とも新品に交換したことになっています。現在41,000kmあまりですから8,000km弱の走行ですが、リヤタイヤに関してはやっぱり1万キロはもたないようですね。一応、スタッドレスも準備しようと思っているのですが、この夏タイヤ、今シーズンいっぱいはもつのかなあ?変な時期に換えることになっちゃうかもなあ…。

 ちなみに、現在は純正17インチに、ピレリのP7000を履いています。これも特に銘柄を変えたいとも思いません。最近は大きいサイズのタイヤも安いので、リヤ2本換えても4万円ほどで上げることができる模様。助かりますね。

 はいはい、そこの方。「金掛かってきたぞ~」とか喜ばないように(爆)。

〔本日までの走行:41,038km(納車後:1,980km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月22日 (火)

32日め:エコドライブ

 …といっても、今、流行の“ロー・エミッション”なんて高尚なものではなく、単純に燃費向上というそれだけなのですが、仕事帰りに給油をしたあと、オンボードコンピュータの燃費計ををきちんとリセットし…っていうか今まで距離計しかリセットしたことなかったのですが(爆)…雨の中の(やむを得ない…笑)抑えた走りで帰ってくると、簡単に10.6l/100kmとか…要するに9km/l台中盤の数値が表示されています。

 そのへんまでいくと“めざせ10km/l!”とか考えてしまいますが、一般道ではさすがに今日くらいが限界ではないかという手応えでした。

〔本日までの走行:40,983km(納車後:1,925km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月21日 (月)

31日め:1ヶ月め

 早いもので、9月21日の納車から1ヶ月が経過いたしました。けっこう距離を乗る方ではあるんですが、2,000kmは走りませんでしたね。事故なく乗り続けられたことを喜びましょう(笑)。

 ちなみに…オーナー予備軍として読んでいただいているみなさまにはこちらの方が気になるのでしょうが…ガソリン代以外に掛かった経費は¥0。ポルシェが壊れない車であるのは本当かもしれません。この1ヶ月間に行った、オイル追加1リッターと、ヘッドライトロービームのバルブ交換はディーズさんのサービスでありました。ありがたいことです。

〔本日までの走行:40,932km(納車後:1,874km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月20日 (日)

30日め:ガレージ

 私、あまり気を遣わない人なので、青空駐車なんかしてしまいそうな感じもあるのですが(?)、今年4月から一応、屋根つき・シャッター付きのガレージにクルマを収められる環境になりまして、もちろん993カレラ号もそこに収まっています。

 元が石材屋さんの作業場だったところで、最初は土間だったんですが、春先にコンクリートを打ちまして、下回りからの湿気もなくしてありました。今になってみるとポルシェを収めるために整備したようなものでしたね。

 ポタンポタンとオイルの染みを付けることなく、真新しいコンクリートの床面を保っております(笑)。

〔本日までの走行:40,869km(納車後:1,811km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月17日 (木)

27日め:暖機運転

 ウォームアップについての考え方ですが、私の場合、エンジンを始動してまず1分くらいは温め、その後はギアをエンゲージしてそろそろと走り出すことにしています。

 停止状態ではエンジンしか温まらないわけで…まあ、ATですからギアを入れておけばミッションも温まるともいえそうですが、デファレンシャルなどの可動部はやはり動いていないわけですので…ゆっくり走ることがクルマ全体のウォームアップになる、という考え方です。

 “ゆっくり”といっても、2,000回転以内で速度超過の範囲までカバーできるわけですが(爆)。

 ウィークデーの片道25kmの通勤に993カレラを使っているわけですが、油圧・油温・油量のメーターを観察する範囲では、実際にオイル循環など動力系が安定するためには10kmくらい走行する必要があるようです。

 実は、993カレラに乗り換える以前から…この通勤体制になってからずっと考え続けていたのですが、この通勤距離があるからポルシェでもいいかな、という思いはありまして、それは正解だったようです。これが10km程度しかなければ、温まった頃に止めなければならず、クルマにとってはよいとはいえないわけでした。

〔本日までの走行:40,686km(納車後:1,628km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月16日 (水)

26日め:雨

 夕べから天気予報よりもずっと強い雨が降り続いておりまして、自宅はもちろん屋根つき・シャッター付きのガレージに収まっている993カレラ号ですが、職場に来れば青空駐車…(泣)。

 全天候型スポーティーカーであるインプレッサWRXに慣れた身体から乗り換えた、思いっきり“RR”なポルシェ911のこと、ヘビーウェットでのハンドリングが気になるところではあったのですが、実際に乗り始めてみると、危険な感じは全くせず…ホント、拍子抜けです。それは、最高速チャレンジなんて状況では話も変わってくるのでしょうが、公道を普通に走っている範囲ではなんの心配もないようです。

 まあ、993になるとサスペンションも飛躍的な進歩を遂げているわけで、そのへんの恩恵も少なからずあるのでしょうが…心配することはありません。あなたも911に乗り出しましょう(笑)。

〔本日までの走行:40,637km(納車後:1,579km)〕

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月14日 (月)

24日め:トラブルシューティング

 とうとう1日分とばしてしまいました…。ちょっと風邪気味で早く寝たら起きられず…。

 ロービームのH1バルブを交換した993カレラ号ですが、実は帰って車庫に入れてから点灯してみると、あれ?やっぱり右だけ暗い…。

 そこで今朝になって、ヘッドライトアッセンブリーを引っこ抜いてみました。プロジェクターになってますから、レンズの汚れ・曇りなどがあれば拭けばいいんじゃないかな~なんて考えてしまったもので。ただ、カメラのレンズの感覚で安易に拭いてよいものかどうかは定かではありませんが…よくはないような気がします。はい。

 で、外してみると、アッセンブリーの中でなにやら“カラカラ”と音がします。覗き込んでみるとバネのようなものが遊んでいます…っていうか、これってロービームのバルブ止めておくバネじゃん!?

 暗い原因はわかりました。そのバルブ止めのバネを引っかける部分がプラスティックなのですが、変形して外れやすくなっているようです。そして、外れてしまうとバルブが遊んで接触不良を起こし、点灯しなかったり、暗かったりする、と…。また外れそうな気配もありましたが、一応ちゃんと組んでテストしてみると、左同様の明るさを取り戻したのでした。

 根本的に治してやりたい気もしますが、ま、追々と…。

 燃費報告ですが、満タン法でも9km/lを超えるようになりました。私も誤解していたところがあって、やはりポルシェといえど、回転を抑えて乗っていた方が燃費はいいんですね。燃費の点については、明らかにインプレッサWRXと変わらないランニングコストといえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月13日 (日)

22日め(10月12日分):高速道路

DSCF0845
 一週間ぶりに(爆)ディーズさんへ行ってきました。993になるとヘッドライトアッセンブリーがレバーひとつでごっそり外れてしまうので、バルブ交換なんかあっという間だったのですが、代表の須藤氏とゆっくりお話しできて、氏が私とたったひとつ違い(年齢)ということが発覚し、またひとつ親近感が湧いたりもしました。

 その帰り、納車22日めにして初めて高速道路に乗ってみました。北陸道中之島見附ICから下り、新潟方面へ乗ったとたん、後方から福井ナンバーをつけたシルバーの993ターボがやってきて、ほんのちょっとはランデブーできたのですが、もうその後はまったく歯が立たず…いや、ターボは流石に速いです。カレラでアクセルベタ踏みしても停まってるようでした(笑)。

 まあ、その代償としてランニングコストもそれなりに掛けなくちゃならないのだとは思いますが、ポルシェのターボってスゴイですよね。

 その後はのんびりと流すことができまして…オンボードコンピュータでみると燃費も簡単に9km/l台に突入してましたし、非常に快適なドライブでした。ターボは別格としてもやっぱり、高速クルーザーなのかもしれませんね。

 それで、いいのか…?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月12日 (土)

21日め(10/11):エンジンを掛けない日

 今日は予想どおり、納車以来初めて24時間以上エンジンを掛けていない日になってしまいました。

 ヘッドライトがバルブ切れでもしてなければ、走りに行くところなんですが…。

 夕べ、東京からディーズさんにメイルしてみると、明日…っていうか、油断しているうちに“今日”になってますが…待ってくれているというので、ひとっ走り長岡まで行って来ます。

 なんだか、毎週通ってるような気がする…(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月10日 (木)

20日め:ヘッドライト

 どうもヘッドライトのロービームが暗いと思っていたんですが、昨日、右のバルブが切れてしまったようです。

 不思議なのは、一度点いていないのを確認して、やむを得ず走り出して、再度停車して確認すると暗いながらも点いていたことです。う~ん、キセノンバルブって、そんなもの?

 …ということで、最初のトラブルはバルブ切れということでした(笑)。オモテの日記にも書いてありますが、今夜は東京泊でして、明日は納車後初めてエンジンを掛けない日になりそうです。週末に交換しましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 9日 (水)

19日め:油量計

 ディーズさんへ1000km点検に入れたときに、「信号待ちのとき、油量計の指針はどの辺を指してます?」と訊かれたのですが、恥ずかしながらちゃんと覚えていなかった私。

 ほら、ポルシェのエンジンは1000kmで1リッターとかのオーダーでオイルを喰うわけですよ。まあ、ドライサンプなので10数リッター入っていて、1リッターの減少というのは致命的ではないのですが、エンジンの状態を診る目安としてオイルの減少量というのがあるわけです。

 そして、ドライサンプだと走って温めて停車してオイルタンクに落ち着かないと油量がわからなかったりするのですね。指針の動きとしては、走行中は下がり、停車すると上がってくる形です。

 そこで昨日、メーターのところにポストイットを小さく切ってマーキングしてみました。朝、準備をしておいて、通勤途中の10kmほど走ったところにある信号に止まった際に上がりきったところへ、ペタっと…。

 で、今日診てみると…あり?もう昨日の位置まで上がらないぞ…?もう減った?(笑)

 まあ、そんなものかもしれませんので継続して観察してみようと思います。

 そういえば、給油したら8.5km/lも走ってました。だんだん燃費よくなってきたなあ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 8日 (火)

18日め:加速

 さて、そろそろ全開にする機会も増えてきましたが、ポルシェの実力というのはどの程度かといいますと…

例1:インプレッサで150km/h台までいけた登りの直線で120km/h台
例2:インプレッサで180km/hを超えた直線で140km/h台

 いずれも、まだクルマを信頼し切れず、根性なくて踏み切れなかったという面はあるのですが、けっしてインスタントに速いクルマではないようです。前のコーナーの立ち上がりから、ギヤ選択、ライン取り…走りをきちんと組み立てていけばまだまだ伸びるとは思うのですが、そんなに走り込む機会もありませんし…気長につきあっていくことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 6日 (日)

16日め:里帰り

DSCF0807
 ウチの993カレラ号、納車から950kmあまりを走破したところで、購入したショップ、新潟県長岡市のディーズモータースポーツさんへ里帰りさせました。

 実は、ディーズさんは三条市にショールームを持っていて、ウチの993カレラ号もそちらに置いてありましたし、私の自宅からだとそちらの方が近かったため、試乗から契約から総て三条ショールームで済ませてしまったため、長岡市の本店?の方は今日初めて足を踏み入れたという…ポルシェってそんな買い方するクルマでしたっけ(爆)。

 代表の須藤氏にひととおり点検していただきましたが、なんにも問題はなく「納車のときのままです」とのこと。ただ、エンジンオイルだけは本日分サービスで0.2リッターほど足してもらいました。帰りに油量系をみていると、やや多めになったかな感じです。

 つぎの1000kmもトラブルがないことを祈りましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 5日 (土)

15日め:2度めの燃費

 また一日とばしてました…なにやら多忙感にさいなまれておりまして…。

 納車から2週間。通算3回めの給油に行きました。358.7km走行で44リッター。リッター8km台に上がっています。内容としては、交通事情の悪くない片道25kmの通勤を一週間って感じなのですが、インプレッサと大差なしって感じでたいへん助かっております。

 ふと気づけば、既に900kmあまりを走っています。明日あたり、一回里帰りさせましょうかね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 3日 (木)

13日め:オーディオ

 ウチの993はドイツから持ってきたものでして、ドイツで1人、日本に来てから1人で、私が3人めのオーナーなのだそうです。

 で、オーディオはもちろんドイツ仕様だったそうで、私、そんなこと考えたことがなかったのですが、あちら仕様のオーディオはラジオの周波数が違っていて、日本では使えないんだそうです。

 ちなみに、オーディオを組むスペースは“1DIN”しかなく、液晶ディスプレイ付きのナビシステムなんかは組めません。別に要らないんですけど。

 で、前の日本人オーナーのときにMDラジオのオーディオに交換し、今に至るわけですが、私、MDってのを使わない人なので、オーディオそのものをCDのものに交換するか、CDチェンジャーを追加するか、ちょっと悩んだ挙げ句、納車の際に6連奏のCDチェンジャーを追加したのでした。

 ただ、これが全然活躍しなくって…いえ、別に早速故障しているとかいうネタになるわけではなくて(笑)、ドライブ中は各部のノイズに耳を傾けていて、とても音楽を聴く余裕がないってことでして…はい。

 官能的な音ってわけでもありませんが、いい音がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 2日 (水)

12日め:ATの使い方

 最近…ったってまだ12日めでしかないのですが(笑)ATの使い方がわかってきました。“D”に入れておくと2速発進で2~3~4速しか使わないわけですが、“3”だと1速発進で1~2~3速なのですね。

 いや、やっぱり“回さないと回らなくなる”なんていわれると回してやりたくなるじゃないですか。4速60km/hなんて状況だと1200rpm(!)くらいしか回っていないわけですよ。2速で回しきって120km/hオーバーっていうような設定で、スポーツ走行を楽しみたいと思ったら2速入れっぱなしなんですね。そのへんから推して知るべしって感じですが、狙っている速度域が高いわけなんです。

 で、“D”のままマニュアルモードで2速っていう使い方もあるわけですが、車重もけっこうあるのに2速発進常用っていうのもミッションへの負担が大きいような気がして、日常的には“3”っていう使い方に落ち着いてきました。

 ちなみに、ブン回すと燃費が落ちるかといえばそんなこともないようです。恐らく冷却のために、低回転ではガスを濃くしてあるんじゃないでしょうか?で、トータルではさほど変わらない、と…。それなら回した方が楽しいですからねえ。

 2000rpm以下と4000rpm以上とでは、音質も音量も全然違いますし、フィールも違うんですよ。回転を上げていくにつれて…なんていうんでしょう?呼吸が揃ってくるっていうのか、精密感が増していくっていうのか、そんな感じもありますし。このエンジンだけでも十分価値があります。いや、ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2002年10月 1日 (火)

11日め:ハイマウントストップランプ

 すみません、また1日すっ飛ばしてました。拍子抜けなくらい何事もなく走ってます。

 ポルシェのリヤシートというのは確かに狭いですよね。私は身長169cmくらいでして、そんなに大きい方ではないのですが、普通に座ろうとすると頭がリヤウインドウに当たってしまうわけです。で、ちょっと腰を前にずらしてフロントシートを両膝で挟むように座るとなんとか収まるって感じで、とても大人が長時間耐えられるスペースではありません。精神的にもよくないんじゃないかなあ(笑)。

 これは今日初めて明かすのですが、911購入に当たって、密かに“アウディTT”なんかも考えていたりしたのでしたが、リヤシートの広さはそんなに違わないな~と思いまして、すんなり911に決めたという経緯があります(?)。

 な~んて、リヤシートの話ばっかりで、タイトルと全然関係ないじゃないかって話もありますが、それがそうでもなくて、リヤシートに座っているとハイマウントストップランプが眩しいんですね(笑)。昼間はあまり気にならないのですが、夜間のバックでブレーキ踏んだりすると、リヤシートが妖しく赤く浮かび上がるという…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2002年9月 | トップページ | 2002年11月 »